いのちばっかりさ

生きている記録。生業。通信制大学。天平の甍、生の短さについて、狼煙

2022-05-01から1ヶ月間の記事一覧

日に当たると頭痛になる

いつも日に当たると頭痛になる。どうにかしたい。

俺は風刺画が大嫌いだ

新聞社の本社ビルにこんな風刺画が飾られていた。私は風刺画を飾るなんて下卑ていると思う。真剣に考えるべきことに対する不真面目な態度、短絡的な理解を促す。こう考えなさいと押し付けるものだ。こんな雰囲気を作り出すべきじゃない。ガラス窓ごと壊して…

クレアールの受講方針について変更した

giveus.hateblo.jp 前回の投稿から変更したところがあるので備忘として記録します。 ①家ではひたすら商業簿記をやる ②順番は講義を聞く→講義を聞きながらテキストの例題を解く→講義が終わったらテキストを読む→ある程度進捗したら問題集を解く。 ③過去問を毎…

そんな戦争するんですか

戦争とかまたするなら子供ができても出生届は出さないし戸籍登録なんかしない。どうせ爆風で吹き飛ぶなら家なんか持たないし住所不定になる。そして税金も徴収できなくなりますよ。と思った。

クレアールの簿記1級の受講1日目

動画の並びがどうなっているのかわからなくて、テキストとどう対応しているのか把握するのに戸惑った。 ①講義を聞く ②テキストを読む ③テキストの例題 問題集を解く 上記の順番が推奨されている。 夜とか講義を聞いて、朝からテキストを読んでテキストの例題…

難しい科目

「情報学へのとびら」というのがとても難しい。何が難しいかといえば数学が出てくるからだ。私は本当にこれまで数学をやらなかったんだー!どうしても昔から数学とかカタカナが頭に入らない。でもそういったことのために人生の幅が狭まってしまうのは許しが…

学生時代の自分節約頑張っていた話 放送大学のこと 

giveus.hateblo.jp この記事がたまたま目について、読み返していたら、「カペリンのキャビア」が税込み235円くらいで売っていて、「試すにはちょっと高めだったので買わなかったけれど、ネットで見たら食べた人が美味だと書いてたので買えばよかったなー…

短歌

バス停で風の生ぬるいの浴びるときひとりでに話し出したくなる 老人ホームの窓に宿る黄色い光線路に石を置き投げしない朝 夏も近づく八十八夜野も山も記憶の中でびしょ濡れのまま

すっかり

最近元気を得た本 経理から見た日本陸軍 (文春新書) 作者:本間 正人 文藝春秋 Amazon 経理は総合体技であるという感じを得た。経理といえば帳簿をつけるだけではない。理想の帳簿に抑えるために自分で調達し、頭をひねってコスト内で生きる力を身につけるお…

池袋の禁煙

禁煙のレトロ喫茶を見つけるのは難しいと感じることがある。 タカセ洋菓子 - 創業大正9年

短歌

整体の本を読んでその装丁美しさとか軽さに気づく 一生をして独善を良しとする本気と覚悟が君に在りや否 池袋のタカセに行って堂々と昼からケーキを食べていたいか 社内ネットつながらなくて不便に不便を重ねて末法の世にリンクする ダイブして他者のために…

測量士補を受けた感想

結論から言うと全然ダメでした。 原因は以下。 原因1. インプットの失敗 教材選びの失敗 まず下の「1冊合格!」とかいう本を買って、インプットして、過去問集でアウトプットをする計画だったのですが、全然書いてあることがわからなかったので、インプッ…

将来に関する考え

自分は3年以上先のことについてはよく考えられないのだ。これでもかなり先のことまで考えられるようになったのだ。できるだけ先のことまで考えられるようになりたい。 また先のことが考えられない以上は、3年間の出力を最大限にしていく。これがせめて自分に…

短歌

測量士補の試験を受けに東大へ明大前あたりから雲が出てくる この世の最悪のうるささと躁鬱病の塊が集まっている下北沢駅 江戸時代の木魚の中に生きている手水の音を掬って食べる 聖衆来迎図 佛のあの背負っているところの丸いやつの名はなんと 何事も我が物…

短歌

朝方に言葉をかわさぬ隣人が木に傷つけて水を取る音 レンジフードファンスロットフィルタの上に貼る汚れカバーを教えてもらう 藤の花いつの間にか見えなくなって赤卵の色の濃いやつを見る 紺色の服ばかり干す隣人にのび太くんみたいと言う人がいる この水に…

短歌

砂の中気遣わしげに寝る猫を軍手をした手でなでている夢 短歌集を初めて読んでみたところ短歌のリズム数え始める

お金と経験と考えのこと

久しぶりに同窓生と会ったら、二人は私より給料の良い仕事をやめて好きな仕事をしていた。遅れながら私の年収が100万円くらい違った(彼らはもう其の仕事してないが)ことに衝撃を受けた。 二人は色んな場所に行っていろんなものを買い、金も貪欲に欲してい…

薬の副作用について

薬の副作用についてや体質に同作用するかの説明は割と欠けているとおもう。血液検査は高いのに、その結果についての説明は十分でないと思う。

初心に帰る通勤時間

簿記入門 (放送大学教材) 作者:齋藤 正章 放送大学教育振興会 Amazon 最近これを読んでいて、面白いなーと感じている。試験に受かるためにとりあえず覚えたところを補強して血肉にしたい。 初診に帰るということは同じことを繰り返すことではなくてより深く…

短歌

洗濯かごいっぱいの服を見るたびに毎日旦那に感謝をするなり 測量や電気のことがわからずに今まで不安を感じてきた デカルトは見逃さなかったこの人間自然について知らない不確かさ 誰も皆バラバラなこと言う会議ひとり際立つ責任の人 リポビタンD積み上げら…

利用し合う労使

友人の事業を見に行って、経営者の無数の夢のうちの一つに被雇用者は付き合っているんだということを確認した。経営者はできるだけ安価に自分の稼げる状態までできるだけ速く持っていきたい。被雇用者は月給や時給で働く。 経営者は被雇用者を利用する。事業…

短歌

お向かいのビルの窓からみてとれるサラリーマンの立ち居振る舞い 裏側に行きたいとおもう一足とびに緑の浜離宮一足とびに 毎日に食べているおにぎり千葉県の梅干し入れて働きにいく 外来語 自信に満ちた友人がいつも言ってる勝者節 何回も 名字が変わってい…

短歌

夏が来て昨夏からの山門不幸 札まだそこに 立ててあるけど 灌仏会 甘茶すすめるめる住職の 前に裸足で われはあがりぬ 甘茶とは 何かと知らず勢いに 飲んで驚き 後ろを見た春 世界中 裸足で会いに行く人に 釈迦と名をつけ 大事に守らん 雨脚が 寺の石垣舐め…

終わらない葬儀

近所のお寺にずっと「山門不幸」の札が立っている。もう一年になろうか。葬儀が終わったら札は下げるものみたいな情報があるけれど、ずっと立っている。灌仏会お花祭りをすぎても立っている。終わらない葬儀が行われているのだろうか。猫はどこへ行ったのだ…

ねむくて

この1冊ですべてわかる 経理業務の基本 作者:小島 孝子 日本実業出版社 Amazon 読んでいるけど毎日眠くて一向に進まない… 甘えだ…と思う。仕事をダラダラしていることも甘え。 会社「経理・財務」の基本テキスト (五訂版) 作者:NTTビジネスアソシエ株式会社 …

思い出せないやつ

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし。 上記の歌が思い出そうとしてどうしても思い出せぬ。そのことで夜散歩しながら悩んでいた。 貧血のせいかもしれない。 私は車が運転できないので、早く田舎に引っ越して車を運転して車に慣れたい。GWの…

仕事不明

なんの仕事をしてるのかだんだんわからなくなってきた。やめたほうが良いと思う。

本日の測量士補の勉強

正弦定理 正弦定理とは?公式や証明、計算問題をわかりやすく解説 | 受験辞典

疫病のときの解決方法

疫病のときの解決方法といえば、コロナウイルスの流行を実際に体験して思ったこととしては、人間が来ないところ、そして人間がいるところから歩いてくる生き物が来ないところに自分を隔離するのが一番良い方法だということだ。 なんというか、自分で食べ物を…