いのちばっかりさ

生きている記録。生業。通信制大学。天平の甍、生の短さについて、狼煙

2022-04-01から1ヶ月間の記事一覧

晴れた

晴れたので家中を掃除してスッキリした。家の周りはかなり雑草が生い茂ってきた。なのに私が巻いた野菜の種は全然発芽してこない。どうしたものかなー。 測量士補の試験がもうすぐなので二週間で詰め込み勉強するつもりである。受けようとしている簿記1級講…

仕事で辛い

仕事で、結構大企業を相手にしているのに、こちらの装備は牛乳パックの鎧よ!みたいな感じでおいおいって思っている。おいおいおい。 会社では店舗の人がお客さんと話す機会も多いので、苦情とか喰らいまくっていて、それは本社の対応のせいだ。私もそうすべ…

出産とホルモンと精神のことを恐れている

もし妊娠すると日中絶え間ない吐き気に襲われたり体重が重くなったりして、体調が悪すぎて倫理観がぶち壊れ会社へいかなくなったり無断欠勤したり人を殴ったりするのではないかと恐れている。 この世界では数年前から男女どちらでも妊娠できるようになり、女…

宅建はどうやって勉強するか

そういえば宅建受かったけどどうやって受かったか書いていなかったような?気がするので書きます。 ①こういうマス目のある紙を買う。 ※このカードを実際に使用したときの写真は下の方に載せました。以前違う商品のリンクを貼りましたが、使用したときの様子…

出勤すると通勤時間にテキストが読める

ということが最近わかってきた。家にいるとついゴミを探し出して捨てたりする。それに痩せる。三段腹だったのが二段になった。 usbtypeCみたいな口をした女の人がいっぱい歩いている。マスクしててもわかる。

中野東図書館という所を訪問した

新しくできた図書館があるということで聞いてはいたが訪問する機会のないまま数ヶ月がたった。 すごく静かで都会にある図書館だ。私はもうちょっと田舎っぽい喫茶店とかもついている図書館のほうが好きだ。芹沢光治良の本を展示していた。良い展示だった。知…

簿記1級の勉強良い感じ

簿記1級のテキストをわけわからなくて良いからとりあえず一巡読もうという考えになって、20日から読んでいて半分まで来た。途中休んでしまった日があったけど本当に疲れていたから休んだのか、怠けたのかはわからない。 土日はなぜか非常に食欲があって、…

夜と霧を読みました

なんとなく読まずに来たけれど、北杜夫の「夜と霧の隅で」を読んで、本家も読もうと読みました。未来のことを考えなくなったら生きていけないけど、自分がなんのために生きるのか考えているだけでは、自分が身動きできなくなったとき(無期限に拘束されたと…

経理から見た日本のコロナ対応 とかの本ほしい

下の本とても面白かった。 日本陸軍の経理と言っても経理だけじゃなく調達を担っていた役割の人もいて、その養成も法律、外国語、経済、統計、建築学など、多岐にわたっていたというのが面白かった。そんなことは知らないまま私はそういうような内容を自分で…

読書メーター

読書メーターのリンクをブログの一番下に貼っています。 読書メーターをしばらく使わなかったけれど、軽い本でも読み終えて登録できると嬉しい。ブログの友達が同じ本を読んでいると楽しい。でも会ってもその本については話さない。なぜだ… 夜と霧の隅で (新…

出勤

出勤しようとすると寒くて驚く。朝味噌汁を用意しながらぼんやりとしていたら急に工場勤務時代のことを思い出す。大きな弁当箱に詰めた玄米と野菜と鶏肉のことを思い出す。

チータラ

チータラを食べながら有給を満喫。久しぶりに全く仕事のない日を過ごした。転職準備として履歴書を作成していたが、やはり今の職種で3年目を迎える前に履歴書には簿記1級が必要だ。 久しぶりにたっぷり余白のあるノートに考えていることや学んでいることを書…

人間のことを考える

田舎に戻るか都会にいるか、違う都会へ引っ越すかは難しい問題だ。 旦那の家族のいる関東近郊の地域へ引っ越すのは、家があるから良いが、家しかなく、地方新聞を見ても月給20万円の仕事があれば良い方でそれだと手取りは15万くらいだと思うし、通勤のために…

人に対する厳しさ

世の中の人はたまに、なぜか人に対して「けじめ」とか「厳しさを思い知らせてやらなくては」というような発想で相手に対してきつい言葉をかけて、場を引き締めるようなことをする。しかしその言葉を「言うことになっている」からといって口にすることで、世…

快活になりたい

努めて快活になりたいと願う心がある。そのために家など買わないし、自分がちゃんと満足できるように勉強をする。快活さや卑屈さが自分の取り組み以外に依拠するようになってはいけないんだと思う。快活になるためには積み重ねしかない。それは財産の貯蓄の…

そっと鼻を閉じた

私にとって幸福や満足や生きていることの一番そばにいるのは旦那だ。大根をきれいに切るときには旦那は本を読んでいる。「本を読んでいる」というのは動画にされている漫画をタブレットで読んでいる(再生している)ことをそう言っている。 出先で草の匂いが…

何をしても食べていけないのではないかという恐怖を感じているけど嘘だ

頑張って簿記二級も取ったし仕事も続けているし宅建士も受かった。でも何をしてもいつか食べられなくなるかもしれない。旦那と将来暮らしていくのが大変になるかもしれないとか思って鬱ぽくなっているけどただ夏が来て血圧が急激に下がって鬱になっているだ…

八本脚の蝶読み始めた

敬遠していたけど人の日記は楽しい。本からユタさんの香水の匂いがしてなんか面白いなー。ユタさんのやるな…… 報道はロシアを非難するものばかり。仕事は本を読む暇もない。体力よ降り注いでくれ。 私達は歴史も利害関係も知らないままキエフをキーウと呼び…

求むる

一番求めていることをやらなきゃだめだなと思う。 一番求めていること以外をやってるときは憂鬱になったりする。つまらないことで絡まれて憂鬱になるなどする。くだらないことだ。

会社の人の機嫌が悪い

とても嫌な気持ちになったけど、鳥瞰図の目で見てみるとどうでもいいことだ。私の人生の本の一欠片の気分の悪さを大切な一日に拡大することはない。私の人生には関係ないことだ。けれど世の中のことは私の人生には関係ないのだろうか。私の人生に関係あるも…

嫌い

私はお前のことが嫌いだ とても雑だから その雑になる過程は私が世界に対して雑になっていく方向とよく似ている 散っていない桜を見たとき 雑に感じ入った私の耳元に お前がいたのだ 派手になってしまい 雑になっているお前を 嫌いでありながら 二人はずっと…

どんな豪快な自殺

どんな豪快な自殺やどんな執拗な病気も 不十分だろう 春が私を破壊した以上にはなるまい。

英語のハノン

英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル 作者:横山雅彦,中村佐知子 筑摩書房 Amazon 英語のハノンを始めた。本を買ったあとでかなり長い間家でゆっくりできず仕事ばかりで死んでいた。諦めてキンドルで買い直し、本日から…

赤の通勤

放送大学の「身近な統計」の講義を聞きながら、新宿に向けてだんだん満員になっていく電車に乗っている。

僕達は草花の中に自分たちの人生を入れ込んだ 恐ろしい夜はきっと来るんだ 思いなんか絶対に遂げられはしないんだ 生きる方法が大切なのだ この一息一呼吸を何を思って吸い込むかということが 恐ろしい夜はきっと来るのだ 私達は育めないし たとえ最後まで夢…

コロナが過ぎ去っても一生マスクをすると思う

風邪を引かないことで生きていけるという感じがしてきた。二度と風邪を引く生活をやりたくないので一生マスクをします。

自分が一番傷つくことを繰り返さないようにしたいとは思うが、基本無理だろう

自分が一番傷つくことは何なのか、最近気づいたのだけれど、自分で決めたことを毎日繰り返せないことだと思った。例えば毎日何時に起きるとか、仕事に行くとか、勉強をするとか、日記を書くとかブログを書くとか、家族に健康的な食事を作るとかそういうこと…

不在

コロナが流行り始めてから人の不在というものをよく感じるようになった。建物の入口にある手指消毒用のアルコールが補充されなくなったり、いつも整えられていた花壇に今年はチューリップが咲かないなどの変化がある。 雇用契約に明確には組み込まれていなか…