いのちばっかりさ

生きている記録。生業。放送大学。本を読む。入道雲100年分。

引っ越しと家

引っ越しに向けて雑事が大量にある。旦那と協力して片付けている。もし共働きだったら、こういうとき二人とも疲れ切っていただろう。そもそも共働きだったら、自分の転勤に夫が付いてくるというシチュエーションがなかったのではないかなとも思う。二人で一緒にいないとつまらないから一緒にいたいものだ。

人間も猫と犬のように移動に強かったり弱かったりする個体がありそうだと思うが、どうなのだろうか。やはり帰る家がなくて転勤を繰り返すのは大変だ。 

これで実家とかあればと思うが、旦那の実家の周りでは仕事がなくて扶養家族が増えるだけではなんの生活の糧も得られないし、自分の実家は変えることを想定していないし帰らないように言われている。

家族がもうどこにもまとまって住む場所がないし一時の寄留地もないというのはとても大変な気持ち。高齢になったときどこに住むのかわからない。また今からどこかに家でもローンで買ったところで払える気もしないし、家賃手当が出なくなるからお金もなくなってしまう。

 

このような家庭で相方が失われると人生を記憶している人が自分しかおらず、また転勤続きで話す友達がいない場合、それらの記憶も同じものばかり思い出していつか本物の記憶を感傷が塗りつぶしてしまうだろう。例えば昨日二人でローソンへ行くデートをしたことなどを、そのとき手が温かかったことを誰も覚えていない。私はいつかくる死を恐れずに目的のために身を投じることができなければ、何もできずに死んでいくことになる。だからそんなことばかり考えるのは良くないだろうと思う。

 

話は変わるが親が離婚などの理由で片親となった子供に適切な経済支援がされるためにはどうしたら良いのだろう。前澤友作さんが養育費の取立のサービスをしていたけれど、あれは頓挫してしまったのだろうか?当時非常に良い話だと思っていた。手数料が掛かることは当然のことだが、本来あれは行政がやることだと思う。自分がもし将来弁護士になったらそういう仕事をしたいなと思う。

 

儲からないだろうから一生分まず稼がなければいけない。

 

継続的な人生が未知

意図的に生活を細切れにして3年ごとに全く異なる生活を始めようとしてしまう。本当はもっと細切れにしたい。何一つ継続的な人生が理解できない。時間の流れというものもわかりにくい。すごく時間の密度が不均一で、ゆっくり進んでいくと思いきや朝から急に夜になっていたりする。何を基準に生きているのかがわからず、毎日という概念も寝ることで仕分けられるだけだ。

そういう中で予定がたくさんあると、乗りこなせない時間というものが急に他人に迷惑をかけるレベルで差し迫ってくる。毎日違う予定、違う人物、違う場所に対応しなければいけないが、時間は感覚なく流れている。あるときはいきなり朝の時間に真夜中が貼り付けられるように感じる。どでん!と夜が現れる。そしてその日は何もできない。よく作られたドラマの中で時間を都合上操作されて暮らしているかのようだ。

おそらくもっと寝る必要がある。継続的な来月も生きている存在でいるのは大変。子供を作るのが怖いのはある意味これが原因だ。死ぬとか消えるとかいうことができない。死ぬとか消えるとかする選択肢は旦那がいるからないのだが、子供がいるともっとできない。自分はおかしい。継続的な人生というものがイメージできない。

次の約束はしたくないし、将来の話もしたくない。只今をミクロに生きたいのだ。身体の感覚をもっと感じたいし、音を聞きたい。家がほしいのは継続的生活がしたいからではなく、社会的に継続できなくなっても家があればそんなに激しく働かなくて良いからだ。穏やかに消えていることができる。私は幼い。時間も良くわからないで生きているのだから。

 

自分がサラリーマンの家族と暮らさないし暮らせないのは、継続というものが全くわからないからかもしれない。継続を前提に語られる言葉がどんどん滑っていって全然つかめないし、心は日銭を蕩尽している彷徨い人なのだ。

 

自分はあまりにもてきとうでやっていけないように思う。

 

遠くまで行きたければ二人で行けという言葉を思い出した。

本日は放送大学の面接授業でお勉強。こういう場に偶に来ると、質問をしている人がいて安心する。

仕事だとこの質問をしてもいいのかなとか気になってしまっている。なんかみんなシュッとした質問しかしないしなあ。放送大学は色んな人がいるから本当に嬉しい。みんないろんな環境から来ているけれど遊んでいるとかレジャーとしてではなく勉強しているのが良い感じである。

 

いろんなことを他の人と相談してすすめたい。

雨だ

雨が降っていて寒かったし起きるのが遅くなった。けれど起きたとき今の時間すでに自分は平日出勤して仕事しているのだと思ったら偉いと思った。

昼になってネットサーフィンしていたら仕事のわからないところがわかる本を見つけてキンドルで買った。Kindleじゃなくて紙が良いけど、2倍の値段するので、Kindleしか買えない。

3時から25分オンライン英会話をして、その後本を読んでいたら夕方になってしまった。朝から起きて本を探し当てていればよかった。

 

旦那と買い物に行ったらびちょ濡れになって帰ったけど楽しかった。

物悲しくない闇

どこにも行かなくて良い
良心な病院と飲食店と食料品店があり 
誰も私達を恐れないし
本は好きなのを飽きるまで読める
誰も広い視座など持たないし
マクロな景色にいちいち言葉を尽くしても良いでしょう
死が溢れ出しても
それをゆっくりと紙に書きつけることができる

 

 

どこにも移動する必要はないし
消して壊れることを気にしなくて良い相手と
日の差す木目のきれいな家で
目を瞑って怯えながら何もないという話をすることもなく
茶の味がわかる状態で
お茶を飲んで
芋をほってそれを焼いて食べると
何もない!という気持ちなど百年前になくなっていて

 

 

不安が夜の海の中で私を迷子にして
母と同じ髪を生きさせようとしても
陸まで泳ぎきり家に帰る
今はない家であってもそのことを想像できる
朝電車に乗るときに本を忘れても
そのことが私を強くさせる
音の襲いかかる中で
赤の旋律を歌い出す

青の夜闇の中には私達が寝る

アイロン買った

アイロン買った。これでオックスフォードシャツを着ることができる。

アイロン台、霧吹きも合わせて購入した。

霧吹きが内蔵されたアイロンは水を変えるのがだるくなる気がして霧吹きとアイロンを別々に単機能のものとして購入した。そういえばレモングラスのアロマオイルをもらったから、霧吹きの水に混ぜて使うなどできそうでよい。

 

 

一回目熱さ控えめでアイロンしたら暑さが足りなかったらしく、シワが来ているうちに戻ってしまった。そのため今日は最高レベルに熱くしてアイロンがけをした。

オックスフォードシャツは普通のシャツより分厚いので、ポケットなどは裏表から概論をかける必要がある。

 

アイロン台は小さすぎたので、もっと大きいのを買ったほうが良いと思う。

 

引っ越すので不動産屋さんへ言ってその旨伝えると解約の手続きとかは特になくて、言ってくれれば受け付けますとのことだった。一ヶ月前に申し入れることになっているので、申し入れた証拠的な物欲しかったけれど、くれなかったのでなにか心配だ。

 

引っ越す月まで家賃が引き落とされると思ってたのに、前払いだから、引っ越す前の月の支払いが最後ですと言われて、え、そうなんですか?と思った。お金が厳し目だったのでありがたい気持ちだ。

生の短さについて

 

この本やはり好きで繰り返し読んでいる。金持ちになろうとするのはやはり良くないと思う。それは時間を過ごす目的としてはふさわしくないと思う。

会計のことをもっと知りたい

会計のことをもっと知りたいと思っている。経済のことも。会社で不正が起きるのは会社の統制の問題と利益分配が社員に行き届かないだと仮定していて、そのようなことが起きないようにしたい。

 

また会社の人に個人情報を一切知られたくなくて、仕事に関係ない内容について会話で聞かれるのが嫌だ。人と会話もあまりしたくないのでリモートでチャットで話しかけてほしい。自分自身が記号のように匿名性のある存在(あの人はどういう人なのかわからない)という状態で働きたいし生活したい。