いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生みだすこと(銭湯をやる。住宅をやる。)28歳。放送大学情報コース2021.4~。 東京にて。

コロナの対策

 

コロナ対策として遠出はしないようにしている。リモートワークがどんなものかわからないけれど、リモートワークできる人たちがとてもうらやましい。通勤しなくていいというのはいいじゃないかQOL上がるのではないか。まさかこのご時世に、リモートだから徹夜して仕事しようという人もいないだろうし。

 

私の部署はリモートワークは不可能という上長判断で出勤しているのだが、個人的には全然リモートワーク可能じゃないかと思っている。なんなんだろうか。とはいえまだ仕事の内容よくわかっていないから従う。

 

上司がよく休みを取りまくる人に「なんであんなに休みが取れるんだろう」的なことを批判的なことを言っているけれど、自分の仕事をきちんと整理して、手中に収めて自分の生活をできるようにしている人は本当にすごいと思うし、ミスもなく自分の理想のライフスタイルを実現している先輩には感動する。仕事かくあるべし。

 

旦那に宅建の本を上げたら読んでいて、その読んでいる様子を見ていると、読むというのはこういうことだったなと思うようなことが多くて、私は読むことに慣れすぎていて、最近ちゃんと物を読めていなかったのかもしれないなと思った。

 

最近よく繰り返し考えていることは、繰り返すことは大切ということで、時間がなくてもとにかく計画したスパンで繰り返すことで、自分のものにできる。

 

記録することと繰り返すことが学びの基本であるということで、そうすることでミスのないアウトプットができるようになる。そうすることでひらめきが消えるということはなくて、むしろ盤石な勉強とか練習をした後のアウトプットでなくては実行する場面では何の意味もなさないということが多いだろう。

 

自分の人生に関係あることを学んでいると楽しくて、私がもし100日後に死ぬ人間で、その学びを生かすことがないとしても、この学びを楽しんでいるということ自体が私の人生で、お金をためても明日死んで使わないとしても、何のためにお金をためていたかということが私の人生で、それはそれでいいんだと思う。

 

結婚に伴って、会社や役所や機関に様々な申請をしなければならないのだが、これが自分にとってはとても不満で、私は自分を草か何かのように思っていて、結婚もなにも自分の勝手でやって勝手に生きて勝手に死んでいけばいいと思っているのに、なんでこんなに人に報告しなければならないのだ、と思うし、何らかの感想を他人から聞いても、いやそんなこと大して聞きたくもないし、自分の人生の進行にかんしては、自分以外の評価は必要ないし、生き方の周辺がただ静寂に包まれていることが大切だと思っている。うるさいと冷静に判断できないからだ。そんな周囲の他人が何と言ってくるかを含めての人生進行に全く興味がない。

 

お祝いとかもいらないし、私の人生は静かに私のためにあればいい。結婚したからこうなるはずとか、次は何をするはずとか思われるのも嫌だ。私はただ結婚をしたのだ。

 

 

 

今日は家の近くでお弁当を買って、ケーキを買って旦那とお花見をしてとてもよかった。人がいない場所でお花見をできてうれしい。なんだかいいなあ。久しぶりにリプトンの紙パックのミルクティーを買って、飲んだら甘すぎるなと思った。最近甘いものはなんでも甘すぎると思う。しょっぱいもののほうが好きだ。昔からそんな感じはあったが、最近は特に甘いものよりしょっぱいものが好きだ。旦那は甘いものが好きで、東京の甘いものを食べても、どんなものもあんまり甘くないなあとか甘さ控えめとか言っている。私はそれでも甘すぎると思っていて、たぶん出身地域の違いだと思う。

 

重たいPCを使うと疲れるから、昔使っていたPCを引っ張り出してきたのだが、とにかく電池がもう弱っていてコンセントにつないで使わないとだめだ。これはかなり悲しい。ブログを旅先で書くとか、そういう用途には最高の小さいPCなのだ。旅に行かないまでもそういうデバイスを持っているということは自分にとって心の余裕になる。しかたない。

 

私は、生まれたら勉強して、勉強したら就職して、就職したら結婚して、結婚したら家を買って、みたいな流れを追っていく人生には嫌だなあと思っていて、どうせみんな死ぬ年齢が違うのだから、焦ってもゆっくりやっても意味がないと思っている。その時になったらやればよいと思う。今日はその時になったから花見をしたのだけど、本当はお弁当を買わなくても、お茶だけ持って座ってみていたって、私は旦那といれば幸せだったのだ。

 

千鳥ヶ淵で死んだ父と家族と待ち合わせをして花見をしたのを思い出した。なぜかあのころ父が土産に豆餅せんべいを買ってくることが多かったのだが、あれは何でだったのかなあ。

 

旦那と一緒に長生きして、いろんなことを一緒に懐かしく思いたいという話をした。昨日簿記の問題を解いていても全然わからなかったけど今日よく寝た後にといたらわかりまくったので、睡眠が足りないと何をやっても意味がほとんどないと思って、寝ることは最優先するべきだと思った。でも寝ることを最優先すると思っているだけではだらしなくなってしまうので、寝ることを最優先するために、やることを早くやっちゃうようにしなければ。

 

しかも昨日はもう寝不足すぎて、お金がなくてどうしようとかはなして旦那を心配させるなどして自分でもキレていたのだが、よく考えたら暮らしていけないわけではないし、まあ気にすることはないと今は思う。部署移動して給料が減ったのは本当なので、節約しなければならない。

 

あと昨日は追い詰められていて、こんなに貯金できないと生活している意味がないとか言っていたのだが、それは意味が分からないし、そのように考える必要はないと思う。うつ病の人を入院させると、働かないとお金が無くなっちゃうとかばかり話ししてらちが明かないというような話を聞いたことがあるが、それみたいな感じなので、危険だと思った。つまり睡眠をして睡眠不足を脱すれば別にそう悲観することもないので、変なことを言ったり気にしているときはとにかく寝ればいいと思う。

 


f:id:giveus:20200320222251j:image


f:id:giveus:20200320222302j:image

 

旦那が日がな一日飽きることなく信長の野望をプレーできていてほんとにすごいと思った。好きなものってそういうものだよなと思う。じつは自分にはそういうものあったことない。