いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生みだすこと

部署移動

薄暗い時代に夢を見て

マンホールの端に座っているような夢を見て

いつも疲れたと言っていたのは私なんだ

魚屋が終わって酒を飲んでる人がいる

その仕事は良い仕事だ 

いつも一日の終わりに酒を飲める

いつも終わったと言う感覚がちゃんとある

やはりわたしはまだあの数字が気になっている

この幸せを無駄にしたくないのだ

この幸せのために

でもこの幸せのために私は何をしただろうか

すべて流れるままに

まるで川の流れのように

欄干にもたれかかって聞く音は

まさに人生の音

すべては流れるままに

すべては流れるままに

 

自発を取り戻したい

きちんとした数字を出したい

やりたいけどやり方がわかない

自発云々の前に私はやる気を失いだした

それではだめだ

流されてはだめだ

自分は

この世の中のために働け

部署移動になって自分は嬉しい

チャンスをもらいました

 

がんばるぞい