いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと 人生25年目/ NHK中国語講座で勉強している

学生生活の終わり。

 新卒ピンピン採用なのに今だに正式な(会社の人の署名印鑑入りの)労働条件通知書もらえないんだが、それはさておいてそろそろ学生生活も終わり。そんな気分。

 労働条件通知書については一般的にいつ交付されるのだろうか。入社式じゃ遅いと思うんだな。おそらく社労士などの資格を持ってる人なら労働条件通知書の存在を知ってると思うし、それを早めに交付しなければ内定者が不安になるということも同じ人間ならわかってると思うのに未だにもらえないのは不審だ(不安にならないとしたら警戒心がなさすぎて海外との合弁会社とか作った時に合弁の相手にはめられまくりそうではある)。でも周囲でも同じようなことが起きている様子。これに関してはたまに大学教員の採用などに関しても騒がれている様子。そういうこともあり、これは私が文句言いたいわけではなく、これでいいのかな、という素朴な疑問である。

 

 内定を出したら労働条件通知書を交付すべきと書いてるサイトもある。しかし特に新卒採用の場合にはこれだけではよくわからない。そもそも「内定」という言葉の認識が人によって違う。どういうことかというと、面接とか終わった後に、会社側でこいつ採用、ということになると学生に対して内々定が出され、学生の側でも「ここでいいぜ」と決意したらこの内々定を受諾する。そしたらこれを以って会社と学生の間で、契約が結ばれることになる。これを「内々定が内定になった」という人もいる一方で「内々定が内定になるのは卒業した時点」という人もいる。そうなると、いつが「内定」なのか?いつ労働条件通知書を受け取るのか?もし卒業しないと内定にならないなら、それは三月三十一日なのか?それではもはや労働条件通知書の内容を見てびっくり仰天した人が再び就活をするのも困難だし、それならば労働条件通知書の意味の半分は失われたようなもんだと思う。てか三月三十一日なら、次の平日にはもう入社じゃないの。

 

 労働条件通知書の内容を読んで、新卒者が会社の人事と、雇用の条件について交渉できる日が来て欲しいものだと思う。人事の基本はまず平等公平であること、などと言われるが、交渉してその人独自の待遇を得て初めて平等公平になる場合もある。そもそも中小企業などでは地元の学生のみを採用する前提の社内規定しか設けられていないのに、現在では規模を拡大し、また就職難のために、業界にこだわりのある都心の学生が地方に流れるなどして地元の学生でないものも採用されるようになっている会社があると想像するので、それによって生じるずれについて、「実家から通うわけではないので、これでは普通に働いていけない」「手当の面で不足がある」「そもそも運転免許とるのに補助が必要」などと交渉する必要がある場面もその都度出て来ると思う。時代に則さない規定については採用される側の学生でなければ気づかない面もあると思う。

 

 とはいえ現状ではそもそも労働条件通知書がいつ交付されるのかもわからないし実際には交付されていない状況である。理想とは程遠いでありますな。新卒採用については就労の2ヶ月前までには労働条件通知書を交付する、などと一言定めればいいものを、一体何を理由に定めないことやら、と不審に思っている。

 

 新卒を一律の条件で雇用しようというのをそもそもやめよう、それでは優秀な学生が海外に流れてしまう!などの提言が行われているのを見ると、確かにそうなのかもしれないと思う一方で、そういう人についてはよくわからないが、私のような普通の学生、平凡な様子で平凡ではありながらやる気を持って地方に就職しようと思う学生に関しても、我々の身になって考えて欲しいと思わずにはいられない。また他社の内定を辞退するように学生に対して要請する企業があるなどとニュースになっていたが、それをいうなら労働条件通知書を交付しなければそもそもそんなことは不可能である、と申し上げたい。比較ができないのだから。よく入社式直前になって内定者が辞退するなどと不平ありげに発言する人事もいるが、それに対しては、その内定者は文句も言わずに労働条件通知書が到着するのを待っていたのではないですか、とたずねたい。

 

 ふと思ったんだが中小企業にはそもそも社労士がいないのだろうか。もしそうなら私が社労士の資格勉強してみるのもいいかもしれないけどそしたらかなりの確率で人事に配属されるだろう。そしたらやりたい仕事ができなくなってしまうだろうから、内緒で取得して時期を待ってもいいが、社労士の研修とか営業登録するためには費用が必要だから一人でやる気にはならないし、そもそもその間に違う人が取得する可能性がある。思案。

 

 また会社で研修とかの行事があるたびに、交通費の支給額がまちまちで、なんなんだこれはね?とやりにくく思っている。この辺はマニュアルの欠如だろうか。こういう不思議な慣行にはあとあと考えれば社内のなんらかの掟が反映されているのだろう。こういうことはメモしておくと案外後々のためになるかもしれないのでメモしておく。私が知らない会社側の事情もあるのだろうし。

 

 というわけでこれは備忘録であり、会社に対する文句ではないのだから、身バレしたとしてもこのブログ画面を開いて弊社の人事を呼びに行き、人事と飲みに行くには及びません。黙っといてください。

 

 もっとちゃんとこういうこと書けるようにならなくちゃと思っている。とにかく二度と無知に甘んじることなく日々ちょっとずつでも勉強する。

 

 

 話は変わるが

 大学から以下のようなお知らせが来た。

●Office365
------------
 利用することができなくなります。
 一定期間後、新規作成や編集が行えないビューワーになります。
 すでに作成しているWordやExcelなどのファイルが削除されること
 はありません。

 

というわけで大学から提供されてた officeが使えなくなる。office使いたいけど自分で契約したらoffice365は年間12,744円。ちょっと高い。すぐには契約しないだろう。

 

 他にもこんなのが来た。*は私が施した伏字。下線は私が施した。

 

**大学*学部事務所です。
本メールを受け取られた方は、2018年3月15日22時30分時点で進路報告が完了していません。

※本メールと入れ違いで対応されていた場合、ご放念ください。

進路報告が完了していない場合、3月*日(日)卒業式当日に学位記を授与できません。至急***より進路を報告してください。

なお、3月*日(卒業式1週間前)以降に報告した場合も、学部でデータが確認できず、お渡しできない可能性があります。3月*日以降に報告した方は、進路報告後の画面「進路報告確認証」を紙に印刷し、学位記授与会場で提出してください。

  進路を報告しないと卒業できないというわけ。一応報告しました。でもなんで進路を大学に報告することを人質に取られているんだ?

 

 話は変わるが、ほしい物リストからプレゼントをいただきました!

ちょうど布団を干していて外から取り入れた時に届いたので布団の上での撮影となった。だらしないけどすみません。

f:id:giveus:20180316225253j:image

 わーい 大きい。何をいただいたんだか皆目見当がつかない。誰からのプレゼントかも書いていない。

 毎回、欲しいものリストからプレゼントを頂くたびに、読者は本当に実在したのだ、と、わかっていたけど面食らったような気持ちになり、あんなことを実在の人物に読まれておったのであるなあ、と少々恥ずかしい。

 

 時期的に卒業のお祝い、というふうに捉えて良いのでしょうか。なんにせよ、ありがとうございます😊

 

そして

これは!

f:id:giveus:20180316225312j:image

 私の好きなビスコです。やったーーーバブーーーー!!!

 こんなビスコ10箱なんて自分の家で見る日が来ると思わなかった。

 それからこれは

f:id:giveus:20180316225340j:image

 大好きなしるこサンドですね!ダイエット粉砕。5袋もある!

f:id:giveus:20180316225414j:image

 嬉しい。ジャージに似合うビスコしるこサンド。 ありがとうございます!とても好きなお菓子なので家にあると心の余裕が違う。多分引っ越しを乗り切るために食べますが、それでもまだあるので新居でも食べようと思います。高いものなのに本当にありがとうございます。

 

 ちなみに今日はてなブロガーさんとお会いしたので、その方にもおすそ分けさせていただきました。甘いものはよく食べるし、ビスコは保存食にもいいと言ってたし、しるこサンドは初めて見たって言ってたので、好きだといいなと願ってます。いただいたものは喜んでくれそうな人におすそ分けもしたいと思っています。それも含めて、大事にいただきますね。どなたに頂いたのか、皆目見当がつきませんが、ありがとうございます!いただきます!

 

 話はまた変わるが、引っ越しに伴って気づいたことを少し。

 引っ越しの支度中に、化粧水とか美白クリームの無料試供品を発掘したので一つづつ使っていた。そしたら肌がすごくぽむってなっている。結構荒れてるからそんなにすごい改善はないけど、ぽむってなりましたね。

 一番効いたのは、ドクターシーラボの薬用美白ゲルと、資生堂dプログラムの薬用化粧水、乳液。まあどちらも一日二日しか使っていないので、長期で使ったらどうなるのかわからないのですが。

  世の中には塗るべきものがあるのだな、と思いはした。そしてこの二つ以外の試供品は塗ると余計に肌が荒れたり痒くなったり、ざわざわしたりしたので、いつか塗るならこういうやつだなと思いはした。でも今の所はコストかさむので買わない。いつか買うときの参考のためにメモメモ。

 

 ガムテープというものはなくてもいい時に目の前に転がっており、なくてはならない時にはどこにもない。しまう場所を確保すること。

  

 ものを処分しまくって、物を所有していないと現世に対する執着さえなくなって来る。生きていても仕方がないやっていうか、なんか死にたくなって来る。むしろ今死ぬ準備が完成しようとしてるから、そろそろうまいものでも食べて、風のない夜があったら決行するかくらいな心構えになって来る。ミニマリストとかってそういう不安感じないの?

 

 冷蔵庫よりも先に、まず布団を買わなきゃ。

 

 竹田漢方便秘薬を飲んだらききすぎてちょっとお腹ゆるい。二錠はやりすぎかとおもい、一錠にしたら大したことはなかった。あまりきいていないので二錠かなあ。

 

【第2類医薬品】タケダ漢方便秘薬 180錠

【第2類医薬品】タケダ漢方便秘薬 180錠

 

 

  引越し見積もりを取った。なんか説明受けたんだけど、そのあと見積もりに来た人が上司に連絡して、私に挨拶とのことで電話を変わられた。今部下が説明したことで質問ありませんか、とのこと。この一言で責任が上司に転嫁される仕組みであろうか。はたまたこの見積もりの人物はあまりに信用がないのであろうか?なんか微妙な気分になった。他のところで見積もり取ってもこの時期はうちが一番安くなるはずですからなどと説明を受ける。それはやって見なければわからないし、会社にお願いされているので相見積もりはやるしかない。どうしてもうちで引っ越ししたい時にはこういうグレーな手段を使う方法もありますなどとアドバイス。社会人としてはどんなわずかな場面でもそのようなグレーな手段に手を染めないこと。我が肝に銘じよ。そんなことをするより家具の一つ二つ割れた方がまだいい。正しさは大切。少なくとも不正をしないこと。

 

 新宿も見納め。

 もう随分髪が伸びたのでフサフサと音がする。昨日からちょっとカテゴリー機能を使って見てるけど、すぐやめるかもしれない。