いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立(物語です)

アーレンシンドローム

読字障害について、筑波大学に行き、アーレンシンドロームの検査の初回面談をしました。テストや質問などもしてもらい、絵を見るワークなどもした。

 

かなり濃厚にアーレンシンドロームの症状が出てるので、アーレンシンドロームの可能性が高いとのこと。自分でも面談を受けていて意味のわかることを話しているという気がした。

 

日常の困りごとなどを説明すると、アーレンシンドロームの人によくあることだという。

 

予約を取ったのは確か7月だったことを思うとかなり時間がかかったが、一度初回面談に出ると大して時間を空けず次の面談に進めるようだ。

 

アーレンシンドロームの検査についてはまた明日書きたい。

 

今日は風邪やで寝ます。

f:id:giveus:20171124205031j:image

 

 

春菊〜〜〜いきろ〜〜

風邪を引いた。月一で風邪引くのはなんなのだろうか。

 

喉が痛い。

最近咳もしてたしなんなんだろうなー。献血して調べてもらうのやった方がよかったかも。

 

家に帰ったら母が休日で家にいて暖房がガンガンかかっていた。今年まだ掃除してないのにエアコン。そしてその温風が春菊の苗に直撃していた。

 

春菊の苗に対する私の甘やかな感情など母に理解できようはずもないので笑顔で水を足しておいた。喉が痛いのでもう寝ます。

 

「風邪引いた」って母に言いながらズボン脱いでたら赤ちゃんにいうみたいに「おずぼんあるの?」と聞かれた。ええ......あるよー。春菊には頑張ってほしい。食べるんだけど。

 

最近なんだか咳とかしてたのにスルーしてしまってて全然フォローしてなかったなー。無感覚状態だったのだなあ。

 

 

 

春菊(ツブツブとか見ると寒気がする人は見ないで)

農協で買った春菊の種を発芽させたら発芽しすぎて集合体寒気症のわたしはざわざわしまくっている。鳥肌!

f:id:giveus:20171122221602j:image

はやくそとに出したい!プランターに植えたい。パクチーと同居させる予定。さむいー

かさ地蔵のような展開

寒い日が続きますが、ほしいものリストからプレゼントをいただきました!すごいいい・・・・・・!ありがとうございます。

部屋が散らかりすぎて接写しかできなかったのですが、このような箱でいただきました(バーコード全部消すのは趣味なのでお気になさらないでください)。

 

f:id:giveus:20171121215144j:image

今回は大学に行っている時に配達された模様で、不在連絡票が入っていました。あー、クロネコヤマトのお兄さんすみません、ありがとうございます!

実は以前再配達にしてもらうのは悪いから自分で事業所まで取りに行ったことがあったのですが、あまりにも遠くて次からは悪いけれど再配達を頼もうと決めたのでした。本当に私の生活というのも、物流の人がいなければ成り立たないので本当に感謝している。

 

荷物を受け取った時「おもっ!」と思いました。

「こんな重さのもの、なんだっけ?」とずっと考えていたのですが、「本だったかな?」くらいしか思いつきませんでした。

 

あと実は不在連絡票は二度目に荷物が届いてから郵便箱をガサゴソして、「あ。入っていた!」という感じで気づきました。最近寒くて家に帰り着くと集合ポストちゃんと見てなかったから。

f:id:giveus:20171121220004j:image

荷物には送り主が書いていなかったのですが、不在連絡票には「NRT1 STD 小」と書いていました。これが送ってくれた人かな?と思ったのですが、

調べていたら「NRT1の出荷が滞り。。。」みたいな書き込みとかを見つけたので、倉庫の名前なのかもしれないです。どなたが送ってくださったのだろう!

 

 

f:id:giveus:20171121215156j:image

米粉をいただきました!

私はカルディーで安めで美味しいフォーをまとめ買いしてから、それを朝ごはんに食べることがしばしばあるのですが、これを食べると食パンを食べた時より具合が良く、勉強もはかどり、午後もあまり疲れません。

それを感じたので、いつも使う小麦粉も米粉にしたら具合良いのではないかと思ってほしい物リストに追加したのでした。そういえば!

色々作って食べて見たいです!ありがとうございます。

 

今図書館でうどんの打ち方の本を借りているので米粉うどんとか打っても見たいです。

 

うどんを打つ: プロが教えるうどんの基礎と定番・創作60品

うどんを打つ: プロが教えるうどんの基礎と定番・創作60品

 

 

tabeyo-kokusan.jp

 

そして、

はて今回は米粉の裏にお手紙が・・・?

f:id:giveus:20171121215219j:image

と思って見たらとんでもない衝撃の

f:id:giveus:20171121215231j:image

衝撃のメッセージが書かれているではないですか!

f:id:giveus:20171121215247j:image

Amazonギフト券もらったことないから気づかなかったのですがこれはAmazonギフト券ではないですか!!!!い、一万円!!!???

 f:id:giveus:20171121215257j:image

f:id:giveus:20171121220018j:image

f:id:giveus:20171121220045j:image

 本当に一万円だ。。。!

メッセージはなし。誰なのかわからないー。正直頭の中に静寂が走りました。その感情を総括すると「ありがとうございます」なのだけれど、恐れにも似た気持ちが迸りました。瞬時にかさ地蔵の話が心に浮かびましたよ。「わたしは無意識にクラウドファンディングをしてしまったのであるか!?」とかも思いました。

 

でもかさ地蔵って、どんな話だっけ?とっさに走馬灯のようによぎったはいいのだが、ほとんど内容を忘れていた。

「かさ地蔵 pdf」で調べると(手っ取り早く論文を探す時に便利な方法)

「『かさこじぞう』論 ― 岩崎京子の再話に見る物語性 ―」(小 山 惠 美 子、2011)なる論文を見つけました。

https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/kyoiku-36-07.pdf

 

この論文の内容は私が考えたことのない内容で、とても面白かった。この論文で大体のあらすじも書いてあるし。

家の近くのお地蔵さんを思いだしたし、ベトナムに行った時に、朝早くから起きて勤勉に働く人たちの社会に感動したことも思い出した。

あとなんとなく罪悪感を感じずにはいられなかった。

私は家にお米はあるし、毎日おかずも食べることができる。1月になれば餅も買えるだろう。全然かさ地蔵のおじいさんとおばあさんみたいにやばい困窮している訳ではない。まあ当然かさ地蔵のおじいさんとおばあさんのようなその日暮らしが現代においてもあの物語の中で言うような困窮のレベルをさすとは限らないと思うけれど。どちらにしても、私はなんだか最近周りの人のことを見れていなかったんじゃないかなと思った。

 

極端に道端に家がない様子でしゃがみこんでいる老人とかに目を向けることが減っている、と言うことに気づいたのだ。電車で席を譲るのもしばらくしてないし。通学路を変えたと言うのもあるのだが、これは妙なことで、数が減った訳ではないと思うのだ。私がきっと極端に上ばかり見ていたり、自分のことしか考えていないのだ。今気づかなかったら正直ちょっとやばい人間になっていたと言うような気がする。

 

今日も献血カーきてたけど、血が抜けて寒くなったらきついとかの理由で素通りしたし。

 

旦那と毎日ちゃんとした食事を食べられるようになって、昇給もしたい、と考えていたこともあり、大学も卒業しなきゃいけないのに単位がまだいっぱい足りないと言うのもある。今は自分のことだけを考える時だと言う考え方もある、けど、今引き戻されて思ったことは、「このままいったら戻れなかった」と言うことだ。脳の仕組みが変わってしまうみたいに、「じぶん、自分」となってしまったと思う。もっと周りのことを見て、人を少しでも楽にしてみんなが生きやすくなるように行動していかないと、と心から思った。

 

私の近しい人が亡くなった時に、そのことは私の心に非常に大きな影響を与えたのだが、自分がもっと悩んでいることを楽にしてあげられるような人間であったらよかったし、助けになれるような人ならよかったと思った。私がなんの学もなく、なんの資格もなく、頼れることを他者にアピールできなかったからそうなったのかもしれないと少し思った。その一方で、法学部にいて、教授や弁護士になっていく人、こんな人たちに悩んでいる人はデリケートな問題を相談したいとは思わないだろうと日々思っている。その二つの考えが、このように並列されることなく離れた問題として私の中にいつもあった。

私がやりたいのは、資格や学歴故に人の注意を引きつけるような種類の生き方じゃなく、「この人は机上の空論をいってるんじゃない。ちゃんとやってくれる人だ。」と相手に思ってもらえるような生き方。相手を本当に楽にして、生きやすくできるような日々の小さな一歩一歩だなと思う。

 

自分の人生を生きることが人を助けて生きやすい世の中につながっていく、のが一番いい。

 

旦那とちゃんと暮らしを立てて、豊かになっていくと言うことをただ目指すと、私と言う生き様は消え、没個性的になりかねない。ただ経済的豊かさを追求する無関心な個人になる。でも生き様こそが私の物語には一番大切なのではないかという思いが湧いた。過去を振り返りながらよりよく相手に対応して、よりよく生きれるようになっていけば、それが私の人生を通して、死んだ人が成功したことだと言えるのではないか。そんな考え方は無駄なのかもしれない。もう死んだのだから。

 

私の母は毎年健康診断を受けているのだが、今年になって母の会社の決まりが変わって、いつもより高い健康診断の施設で、きめ細かな診断を行えるプランを利用できるようになった。今まで全く健康と言われ続けてきたのだが、今年になって急に色々なことが見つかった。いくつかの腫瘍だの、リウマチになりやすい体質だの。お金をかけられるか、かけられないかと言うことはそう言うことだと思うのだ。これで癌が見つかる場合もあるし、見つからない場合もある。死ぬこともあるし生きることもある。だから私は自分の旦那にはこの世界で一番優秀な健康診断を毎年受けて欲しいと思うのだ。だから豊かになりたい。こんな人は他にいないし、たった一人の人だから。だから豊かさを目指したい。昇給も目指したい。

 

確かにそれはそうなんだ。でもその過程で、自分の生き様がどうなってもいいと言うことはない。なんだかすぐに見失うなと思った。こうやって見失ったまま生きていったら、子供の頃の私から見て全く理解できない無関心な大人に見える人になってしまうんだなと思った。私の生き様こそが私なのだ。そのことを忘れちゃダメだなと思った。うまく言えないけれど。自分の事情も考えるから、子供の頃みたいに、他人のために全振りはできない。だけど生き様は確かに自分で守ることができると思い直した。

 

そのようなことを踏まえ、いただいた一万円は大切に使わせていただきます。今は私なら一万円を人にあげるなんて絶対できないのと、自分のことばかり考えていたので、米粉と一万円分のAmazonギフト券をくださったことに恐れにも似た気持ちを感じました。あまりにも衝撃で色々と深く思い出した。めんどくさいこと言わないでただありがとうっていっとけよ!って感じだとは思いますが、ありがとうございます(変なことばかり書いてすみません)。

 

 

 

 

 

 

 

寒すぎるの

 寒すぎるからささやかな願いを箇条書きにしてココアでも飲んでおくさ。

 ・大学卒業したい

 ・程よく必要に応じて一生懸命になりたい

 ・素敵なご飯を作れるようになりたいものです

 ・就職したら昇給したい

 ・昇給に繋がりそうな資格を取りたい

 ・小さくていいから自分で仕事を作ってみたい(ノマドワーカーとかそういう言葉が出でくる流行りのやつじゃないです)

 ・部屋を片付けたい

 ・旦那をも少し健康にしたい

 ・鼻炎ぽいの直したい

 

 簿記と言うとどうやって勉強しようかなとずっと考えている。

 簿記の通信教育を調べていたらやはりちょっと高い。

 Z会が通信講座持ってるんだなあと思ったが、あまり主流ではない様子。まあ大学受験までが専門だよな。

 そういえば私も宅浪時代、Z会の通信講座の早慶コースとかのやつを利用していました。塾に通うよりとても安くて、あと以前親に払ってもらってもやる気が出なくて挫折したからってことで、確かぜんぶ自分で払ったと思う。ほんと人にお金出してもらうと萎えるんで。

 Z会の通信講座の良いところは「ムービーとか見ないで良い」「送ってくるものを読んで問題を解いて送るだけ」「添削は郵送で送ってくる」「家でできる」「プリントに多色刷りしすぎていない。だいたい黒と青の二色刷りだったかな」と言うところです。よく考えたらこれって私にとっては最高の選択だったのかなと思う。ムービーを見て理解することは苦手だし、人が喋ってるの聴きながら、さらに何か板書してるのを見ながら、さらにノートも取り、なんて芸当はできないので、家に送ってくるプリントをとくだけなのは本当に助かった。それに手紙を受け取って封を切るのが好きなので、なんとなく落ち着いた。色が多すぎるプリントとか本を見るのも苦手なので、シンプルなデザインも向いてたな。あとこれは最大の長所かもしれないけれど、私は集中力がないのか何か問題あるのか知らないけれど、ミスなくやることができないばかりか、自分の作ったミスを回答を見て自分で見つけることができないので、添削で指摘してくれるのはとても助かった。短いスパンで問題を解くことを目的に本を読み込んだりするスタイルも向いているのかも。

 

 簿記を通信でやるならZ会かなと思っている。しかしバイトが決まらないことには。いや一応日雇いバイトで払えるけれども、キャッシュフロー的にかなり不健全だよん。それをやると気になって落ち着かないしなあ。そういや簿記のこと調べていたら農業簿記なるものがあると知りました。そうだったのだなあ。てかみんな資格取るときはもっと資格取った方法を詳しく書いて欲しいよー。

 

 最近教習所の予約取れない。高校生が増えてきたかららしい。高校生と一緒に教習やること多いけれど、私の方が下手くそすぎるので「すごーい」って言ってる。

 

 みなさんよき夜を!

 

簿記の試験を受けました。

・簿記はインターネット申し込みをすると「インターネット申し込み手数料」的な意味わからんものがかかるので本屋とかで申し込んだ方が良い。

・簿記の解き方知らないのに簿記試験に行くと周りの人が書いているのを見て感動する

・大きすぎる計算機で机の上が狭くなるの良くない

 

 

簿記の本を買って勉強していったのだが、よくわからんし数字難しい。中学校の会場は死ぬほど寒かった。中学生の頃を思い出す。また勉強して頑張ろうと思う。

 

祖母とたまに話していると、叔父の言葉に従ってすぐに意見を変える様子に嫌になる。家で一番頼れる男に従うだけの人って本当にいるんだなと思う。Aさんにはお世話になった。とてもいい人で尊敬するといってたかと思えば、Aさんは医者の妻だから威張っているだけで浮気されてるし、それに人間として信用できない最悪の性格だ、とか叔父の意見を聞いたあとには平気で言っている。わたしは頑張って仕事して稼ぎたい。

 

こんなにすぐ意見を変える人と話していても信用できないし居心地悪いだろうと思う。自分の気持ちや考え方はどうでもいいのかよと思う。

 

そんなにどうでもいいのなら「あの人のことはどうとも思ってない」といえばいいものを。

死体検案書

縁あって(正しい言い方かな?)死体検案書を入手した。死亡診断書では済まん死に方した時に解剖したりして、その結果を書いてる書類。

 

用紙に、細かい注意書きや記入の手引き的な小さい字が並んでいる。こういうのを見ていると夢中になる。

 

この書類の発行にかかる費用は場所によってかなり違うらしい。十万円くらいかかるところもあるとか。都内は無料みたい。でもこれもらわないと火葬できないのだし、無料にしろや。

 

私はこの書類を見て、はじめてかの人が解剖されたのは司法解剖でなくて「死体解剖保存法第八条による解剖」であったのだと知った。私も解剖されるところを見たかった。

 

いろんな記入欄の説明書きを読みながら、ピックルスコーポレーションの湘南工場で攪拌器に巻き込まれて亡くなった人の死体検案書はどんな内容になるのかと考えていた。胸が苦しくなる。これは遺されたものを納得させるための書類ではないが、最低限の書き込みしかない。前に進むためには真実についてもっと詳しく知りたいと思うものだろうに。たとえその結果前に進まないことを選ぶにしても。死亡推定時刻を知ることができて、それでさえ私は嬉しいと思った。それしきのこと。

f:id:giveus:20171118224328j:image

いつしか死んだ人のことを考えてる。『日本料理店の だし図鑑』を借りてきて読んでいる。

 

方向転換、縦列駐車の練習