いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと 人生25年目/ NHK中国語講座で勉強している

腕立て伏せを毎日10回

している。関西の内定なんとなく断れないのは、自分があんな何もない職場で何かいちから作れるんじゃないかと思って魅力を感じるけど、今はまだ学ぶ年齢だからそんなテキトーなところに行くべきじゃないと思うけど、だけど関西で働くのは自分の悲願なのだと言う気持ちもあるから。

思ったこと

面接に行こうとしたのだが電車が遅れて、新幹線に乗らないと行けなくなった。5千円とぶ。ふとこれでいいのだろうかと思った。キャリアを繋ぎたいと思って今と同じ業界同じ職種のもっと給料のいいところを探しているけど、それで良いのだろうか。今まで働いてきた一年数ヶ月がそんなに決まり切ったキャリアを保証するものだろうか。そんな風にまっすぐなキャリアの中で歩いていけるような整った人間だろうか。

 

ぐちゃぐちゃなところから始めるようなことしかできない。整った場所での微妙なニュアンスの会話は読めない。そんな人間じゃないのか。なんかよくわからないのだ。大手企業の人と会ったりするけれど、どうしても大企業で働いている自分の姿がよく想像できない。

 

想像できないとかはどうでもよくて、とにかく安心して勤められる上場企業に就職しなければいけないんだよと言うのはよく考えればそうだ。

 

多分自分には自己が存在しないから、法学の本を読んでると出てくるみたいに、いくつもにも考え方が分岐して、その全部がもっともな理由のある人生や考え方のように思えて、その全てを自分が歩むべきだとも思って、結局どれかに決めることができない。決めたように見えても、ちょうど違う方の結論を紙を折って隠しているだけで、広げるとよく考えたらそっちの方が正しいような気がするのだ。司法試験のためにどれかの学説を取る受験生みたいにやろうと思うのに、人生そのものだからどうしようもない。

 

最近この曲を聞いたのだが、これを見て欲しい。

youtu.be

この曲では

A:売れる曲を書くことなんかどうでもよくてひたすら「君」のことを曲にした昔の自分

B:売れる曲を書こうとしてしまうけれど、自分をそれでいいんだと納得させようとしている自分

が対比として書かれており、この曲では、結局Bである自分が間違っていて、A出なくなってしまった自分が辛い、と言うような内容になっているのだが、

 

私の人生の場合はこうならない。例えば私がこの曲を書こうとしてどうなっていくかと言うと、

Aである自分を思い出すし、自分はAにも戻れる。Aだった頃は正しいと思う時もあれば、Bが正しいと思う時もあるし、AもBも正しいとか正しくないとか言うことではなくて、ただそう言う状態だと言うだけだ。「なんにしろ金は稼ぐ必要がある」。自分がどうすべきかはわからないが「なんにしろともかく金を稼ぐ必要がある」「金を稼いでおけば安心だ」という内容の歌になり、もしもAを正しいと思うような内容を曲に盛り込むのであれば、Bも正しいと言うことについて同じだけ盛り込まねばならず、やたらめったら褒め、貶し、どこが最後になるのかわからないかのようにABABABABABABABABABとかの内容が繰り返され、結局曲は疲れるまで終わらない。終わらない曲だ。結局自分の人生についてそんなことしかない。

 

私の人生に関する考え方はABABABABABABABABABABABABABABと永遠に続く中の問いかけのどこかで疲れたとか寝る時間とかそれについて考える暇がないとか、たまたま鬱っぽくなったとか躁っぽくなったとかでAAAAABBBABABAABABBBBBABABABAAとかなんか頻度がバグっただけで、結局冷静な考察としてはABABABABABABABABABと同じだけ褒めて貶して、信じて疑っているわけで、全く前進する気配がない。たまにAAAAAAAAAAとかBBBBBBBBBとなってる時に電車を逃して、新幹線に乗らないとAとかBを貫徹できないとかのシチュエーションになると、え、ABABABABABABABABABABで、AとBどっちを自分は取るのか、と言う冷静な気持ちになり、まじで憂鬱になり、冷静にならねば、と思う。けど冷静になって部屋に帰って考えたところでABABABABABABABABABABであり、永遠に繰り返されるABABABABABABABABABになり、結局どこまでもABABABABABABABABABABなのである。

 

よくある話で、当時の彼女(今の妻)が家に入らないと別れるなどと言うので、仕方なく仕事を辞めて妻の苗字になって結婚しました、今でも振り返ると、もう一つの道が良かったのではないかと思うとかって言うのあるが、ああ言うのがないと何も進められない人も世の中にはいるので、どうしようもないのである。本当にどうしようもないのである。でも泥沼にはまり込む選択になることもあるのだし、身に着けるべきことを身につける期間をおかずに仕事を辞めては・・・まだこの仕事でこのような経験ができるので・・・などとこれに関してもまたABABABABABABABABABAB。

 

youtu.be

 

どうしたら自分を信じて、自分の選択に責任を持つ人間になれるのだろうか。自分で責任を持つとは、自分で落とし前をつけると言うことなのだろうか。それは責任を取る?

 

この世で自分にとって確かなことは旦那を愛していると言うことだけだと思う。それが思ったこと。