いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと

日々日々だよ

風呂に重曹を塗りつけた。これでヌルヌルが取れるわけ。

風呂に入ると洗濯が捗る。風呂に入った後に重曹を入れて、服をつけておく。固形洗濯石鹸は資生堂が一番汚れ落ちる。

酔って帰ると革靴を磨かなくなりがち。

酔う日に革靴を履くと傷をつけがち。よって酔う予定の時は革靴で出かけない。そのためにスーツで飲みに行くシチュエーションは避ける。

天気が良すぎると帰宅してから窓の外眺めてばかりで外に出なくなりがち。思い切って外に出ることにする。窓の外が海だったらと思う。そういう家に住みたい。そのために頑張れるかと行ったらそれだけのためには頑張れない。旦那がいれば、山でもいいね。

履いてる時間が短いからと言って毎日同じズボンばかり履いてると引かれがち。穴もあきがち。そのうちもう一本ズボンを買う。

不可解なほどの正義感に苛まれがち。それ以外のことを考えたくないからかも。法学部に入ったのもそういう理由からかも。でも実際には正義不正義以外のことの方が多い。

かばい合い、失敗を隠しあうのが仲間なのだろうか。別にかばい合わなくてもこんな人手不足の企業では工場を異動になるくらいのことで、首になるわけない。気にしなくてもいいのにと思うものの、何かあるのだろう。

東京に行くのはいいがやたらお金がかかりがち。

 

資格取得カレンダーを作った。でも色々考えてたらTOEICの申し込み忘れた。同日中にこのすべりよう。

 

畑でかぼちゃ育てたいこの頃。かぼちゃ飽きるほど甘くして食べたい。案外高いから。

 

あのねー、誰もが振り向くような大企業で働かないのもそれなりに人間のダメさが滲み出て、本来のグループワークの面白さがありますよ。しゅうかつせいのみなさん?

 

ただし低い給料と古いシステムにうんざりするけど。世襲の社長とか見ても気の毒だなと思うことが多いな。無限責任なのに会社のこと本当に微塵でも知ってるのかな?って思う。頭いいって言われて満足してそうかなと。

 

スピッツの楓きいたら、なんか昔と全然違う曲に聞こえた。そろそろ部屋片さないと。

 

仕事を始めて思うのは、勧められるもの勧められるものすべてが、なんとなくおしゃれで、それをチョイスすればきっとひどく失望することはないだろうというような小物ばかりだ。会社の福利厚生で予約できるそこそこ高価なホテルとか、休日に街で開かれるビアガーデン。同期と楽しむバーベキュー。朝ヨガで始まりおしゃれなカフェで終わる一日。おしゃれな台座とおしゃれなキャップが付いてるモチーフみたいな1日の姿だ。でも結局労働力の再生産にすぎない。働いてそれを払っても、そんな安全な毎日にはうんざりだ。社長はニコニコしながら、そんな労働者たちを飼ってるさ。

 

おなじみの課題に苛まれ、心を複雑に揉みしだきながら、朝から何も食べないのに、どこかへ向かおうとしていたい。若気の至りだけども。美味しいものを食べたいというよりは、いつか美味しいものを食べさせてあげる人になりたいし、悲しみを証明するというよりも、悲しみの記述で、いつの日か誰かを支えている未来なら。琵琶湖が今年も冬に光ってるかなあ。

 

www.youtube.com

 

ステータスを稼ぐために旅していたよ

 外国語を話せるといいたいなら、その国の複数の地方に行って問題なく旅した経験が必要だ、という考えで、ステータスを稼ぐために旅していた。

 

 海外留学した周囲の人たちが羨ましいから、気を紛らわすためにLCCで海外旅行をしていた。

 

 日本中の、働いても働いても支払いに追い回され、追い回される段階から抜け出したら、また次の目指すべき生活水準を示されるようなマーブル模様の生活からも逃げたかった。東京では思うように遊べない自分も、アジアでならすきに遊べる、そういう想いのために遠出した。

 

 その結果、アジアなんてどこに行っても東京に行くのと変わらない、という気持ちになった。

 

 おじさんたちが海外に10日滞在してると日本食食べたくて仕方なくなり、日本料理屋に行きたくなると話すのが不思議で仕方ない。みんな自分の庭は日本だけなのかなと。

 

 この人たちに出張させるより私にさせてくれた方がパフォーマンス高い。ベンチャーに行く人の気持ちが分かる気がした。あの年でやっとあんなことやらせてもらっても、もう人生で一番無理できる時期をすぎている。細胞分裂する音がプチプチとしか聞こえなくなってからあんなことやらされても困る。

 

 上司がいるときは上司の前で私をプラプラさせとくと見栄えが悪いから仕事振ってもらえるけど、上司が出張だと本当に何もない。午前中で仕事終わる。新人なのにマニュアル作成してる。

 

 もはや自分で仕事作るしかないんだなと思った。思考停止せずに行きたい。ねむいー。つかれたー。

 

 同じアパートの人ほんきで、静かに帰宅してほしい。ぶるんぶるんうるさすぎる。いいけど。地震の後、職場の電話が鳴りまくり、別にその地方ではないのに工場は無事か問い合わせが来た。メーカーの製品というのはいろんな人たちの技術や資本が組み合わさってる商売なんだと改めて感じた。どっかやられるとうまく作れない。

 

 旦那いつもありがとう。

職場で事故があるとどう思うかっていう感情の記録 

 職場で労災が起きると、翌日、無労災日数記録パネルの数字が「1」に戻る。痛い。「1」に戻っているとみんな言ってたけど、すぐそこにあるパネルがいやで私は確認できなかった。職場全体にヒソヒソ話が始まる。どこの現場で何が起きたか。左右の胸がギンギンする。いつも通り飯がうまい。派遣の人たちの態度が少し刺々しくなる。いつも通り飯がうまいということが悲しくなる。まず、まさか死んだか、という思いが胸をよぎる。でも死んだか死んでないかということもしばらくはわからない。工場の人に聞こうかとも思うが、なんども聞かれているんだろうと思う。そうすると聞くのも悪いという気持ちになる。聞くのも悪いよなあ。まあこんな時に限って誰も聞かないってこともあるんだけど。まさか死んでるならこう平然と仕事が進まないだろうと思う。うーん、ないだろうな。でもありうるのかもしれない。もちろん労災の中でも死ぬことなんて滅多にない。人間には死にそうになったら死なない方向に体を避ける力がある。だからなかなか死なない。

 

 午後、なんとなくだるい。コーポレートスローガンとかなんか色々、会社のロゴも色あせて思える。おかしい。コーポレートスローガンもロゴも言ってることは正しいつもりなのに。ばちばちと音を立ててパソコンに打ち込んだ。

 

 だるい。

 激しく質問してしまう。仕事に打ち込んで激しくやろうと思っちゃう。結果的に先輩に迷惑をかけている。

 

 同期を通じて、死ぬようなことじゃなかったということがわかる。働いている人の不注意で労災になったということがわかる。でも誰でもやりそうな不注意なので、そんなこと、と思う。そうできないようにプロセスを設計するべきだし、作業着を工夫すればいいのに。私は理論しかない人になりたくない。ちゃんと勉強して改善提案できるようになりたい。

 

 営業が注文を取ってきても、その注文が製造を痛めつけている状況。ここで自分の仕事のことだけ考えてればいいやと思ったら終わりだと思う。私は絶対負けねえよと思う。顔を上げても、古びた壁が見えるだけ。普通に過ごしているのに、なんか頭が悪くなりそう。俺はニヤニヤした。ここでつまらない顔でもしてみろ。負けだぞと思う。視界が少しはっきりと同定された。

 

 自分のお父さんと同じくらいかちょっと上くらいの歳の人が、もう定年の話をしているという事実に愕然とした。父だって生きていればそろそろそんなことも考えていたんだろう。まだ五十代なんすよ、死ぬ気で働くんすよとかひどいことを言ってしまった。ほんとはなんとなく悔しかったからだ。

 

 光を照射して全てをあからさまにしてみろ、話はそれからだ。自分の弱さを食って生きていく。

 

 

 ナマけものさんのブログに取り上げられました。その時はありがとうございました。お陰でちゃんとやっていけます。

flightsloth.hatenablog.com

 

まあこんなことも見ています。

www.jpr.co.jp

今週のお題「おとうさん」

 

深夜営業

深夜営業のないこの街で

くだらないことを言ってしまった

人を傷つけてしまった

今まで生きてきたひとのことを

今日の労災一つでバカにするようなこと

けやきが雪崩揺れた

いくつも唱えるのは

バカみたいな人生

隠したい経路

ペパリーゼ飲んで

死にたいって思い隠した

また飲めるように

投げつけた何かは砕け散って

眼球の裏に残っている

タクシーのおじちゃんが優しい街で

おとうさんに会いたいよ

クソみたいな経路隠しながら

言葉じゃなんとでも言えるだろ

どこを探しても見つからない

生き残るための確かな経路

見たことない平和な家族は

目の前に現れた

あんなにわずかな快楽に喜ぶ子供とか

なんで

痛みしかない

おとうさんがもしも殴らない人

だったら

こんな思いしなかった

冷蔵庫の前で泣くこともなかった

人の幸せを大したことないなんて

言わなくてよかった

自分を守ってくれるのは自分だけって

言って

酒をまずくすることもなかったのに

 

よく忍耐強くやってんな

 上司を見ていると、よく忍耐強くやってんなと思う。だから部長になれたんだなと思う。同時に私は部長の柄じゃねえ。疲れたんだよ本心から。聞いてると、そういうことじゃないだろうと感じるわけ。なんか変に上司の言ってることを忖度して違う方向に進めてるわけ。みんな私のことアスペとか言ってますけど(というか自分が言ってる)なんか、それっておかしいじゃん。私の方が世の中に対して誠実だし、上司の求めてることもわかってるじゃん。わざとやっているにしても。いやたぶんわざとなんだけどね。

 

 最近思ったんだけどなんで自分は宮沢賢治みたいになってんの。

 最近気づいたのだけど、法律も食品表示も、スローガンも何もかも、痛いんだよ自分には、なんかそのどれもが、他人には自分がする以上に誠実になれと求めているにすぎない。他人のくれる誠実さの、一体何パーセントを周囲の人が感じ取れるというのか。たいていの誠実さはあって当然のものと思われ、流されていく。一つ一つの誠実さに感謝すべきではないのか。守らなかった人を咎められる立場なのか。守らなかった人を咎められる給料払ってんのか。ならなんでスローガンなんかあるんだ。なんで人にそれ以上のやる気を出させようとしてるのか。社長の豚か俺たちは。たくさん喋る奴が偉いのか。たくさん喋る奴は賢いのか。ただみんな顧客のことは大切にしているんだからそれでいいじゃないか。なんで仕事に来て人が死んだりするんだ。なんで豊かになるはずの仕事で消耗するんだ。なんで登山者が行方不明になったらずっと探してくれるのに、工場で人が死んだ原因は究明されないんだ。

 

 なんで世の中にはそんなに誠実な人がいるんだ。なんで今日も工場にはちゃんと人がいるんだ。なんで消火器のない場所で働かされていると気付きながら、怒らないんだ。なんで自分のことを大事にしないんだ。なんで当然の権利どころか、命さえ犠牲にされようとしているのに抵抗しないんだ。こんなつまらない製品のために。誰かの命を救うわけじゃない製品のために。なんでこんな会社が世の中に存在し続けることができるんだ。我々は経済活動に、会社という制度に一体何を許しているんだろう。

 

 進んでいるんだよ。少しずつ良くしていく。そうじゃなくて一体組織になんの意味がある。ただ生きるだけなら生活保護をもらって一人きりでもできる。なのに工場に来てなんのために働いているんだ。挙げ句の果てに死ぬとは。なんでもっとヒューマンエラーの起こりえない環境を目指さないのか。何もかも、入力システムからファックス送信に至るまで、会議の進め方に至るまで、ヒューマンエラーを許しまくってるこの状況。

 

 酒なんか飲んでらんねえっすよ。なんで自分が宮沢賢治みたいなことやってるのかよくわからないけど、もう詩集も無くしてしまったけど。少しずつ飲み込んで一体どこに進むのか。なんで奴らは優しいんだ。なんで自分のことを守らないんだよ。なんで声を出さないんだ。嫌ですと一言言えばいいのに。なんで嫌ですというだけで切られると怯えていたり諦めるような人がいるのか。こんな世界、人権なんかない。バランスを大事にするとかいう奴大嫌い。

 

 延々とレポートを読み上げて聞かせる部内打ち合わせ、お茶汲みを命じる上司、金にならない残業。一体なんになるんだよ。上層部なんかとゴルフしたって何にもならねえ。私はもはや金を持っていないことを誇りに思うくらいには勉強する気でまんまんだ。

 

 いつのまにかゴルフなんかしないとか、上の人と付き合ってもなんもならないとか、父と同じことを言ってるので、これはダメな路線だなと思った。愛想は大事。仕事にコツコツ取り組むことも大事。この会社、全てが遅いせいで何かを1時間半で仕上げると早いなって言われる。けど人生の中の1時間半をつかったんだから有効活用してね。

 

重慶に行きたい。フットワーク軽い私に対していまだに名刺さえ渡してくれないとは時間の概念がない......。

 

 

ふわふわとしながらなんとなく

 発表とか緊張するイベントがある時は、2日前あたりが一番気分が落ち着かない。直前になると、もうなるようになれというふうに思う。

 

 曜日も木曜の夜は一番いい。あと1日行けば自由時間が来る。近頃すぐ眠くなる。春眠暁を覚えず的なアレだろうか。いや多分睡眠が失敗してるので真っ暗にして寝ることをしなくては。

 

 トイレに問題が起きた。困ったもんだ。こんな時自分の家だったら無茶して直すが借りてるからそうもいかない。

 

 自分の家を持つのも大変とは思うけど。

 

 いつも物事がギリギリ。前もって片付けないと、必ず他のところが火を噴いてうまくいかない。

 

 名前で呼ばれるの落ち着かない。