いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立

かわいそうなフリ

わたしはこの世界のあらゆるキャラクターの中で、かわいそうなキャラクターが一番演じやすいと思っている。

 

一番演じやすいが、一番不愉快だ。どこからか神が来て気付かせないだろうか。わたしがハッと気づくような方法で。いつでもハッと気づけるわたしでいたいものだ。

わたしは〜〜な人間

だいたい人と話して後から自己嫌悪にかられるのは、

 

わたしは〜〜〜な人間

わたしは〜〜〜なほう

わたしは〜〜〜としか言えない人

わたしは〜〜〜な性

 

などといってしまった時だ。

柔軟でなければならないのに、そんな大層なご身分でもないのに、調子乗ってしまったとおもう。

指輪について

 わたしの母はカルティエのオーダーメイドの結婚指輪をしていた。わたしはその指輪が好きで、さらには父がオーダーメイドで作った婚約指輪も好きだった。結婚指輪はシンプルなものだったが、婚約指輪は金地に赤い石が埋まったもので、センスが良かった。

 

 とは書いたものの、父は若い頃母にいろいろなものを送っていたから、もう見ることもなくなった今となっては、どれが婚約指輪でどれが結婚指輪なのか、確かに覚えてるとは言い切れない。就活して思うんだが、一体どうやってあれらの資金を捻出していたのだろうか。

 

 わたしは初めて自分に指輪を買おうと思っている。それは職場での様々な面倒に備えるためでもあるし、わたしとだんなが喜ぶためでもある。

 

 指輪を探すなかで、わたしはいつの間にか意図せず、両親と同じレベルのものを求めている自分に気づく。わたしをあらゆる面で翻弄した人よりは良いものを持ってやろうという考えだ。

 

 それはおかしいし必要ないじゃないか、と思ったけど、また同じことを考えてしまうからここに書いておくことにした。

 

 意図せず子供の頃一時期食べていた豪華なものを買って食べている自分を見出すことがある。そうすることで、わたしはまだまだ落ちぶれていないと思い込もうとしている。

 

 ここに書いておくが、そういうことは必要ない。わたしはわたしの人生を生き、わたしの経済的水準で幸福を謳歌すれば良い。過去にとらわれる必要はないし、自分の親と同じことをしたくもないくせにしなくて良い。(しかも両親の幸せは結局終わったのだし。)親から見て落ちぶれた存在になろうと成功した存在になろうと構わない。だんなを幸せにでき、わたしも幸せであればよい。

 

 よい家に住まなくてよい。高い保険に入らなくてもよい。山しか見えない駅に住むのもよい。お弁当付きの人間ドックをうけなくてよい。ただふたりで茶を飲めればそれでよい。お互いの幸せを大切に思えればよい。

 

 

金精軒の信玄餅をいただいた。桔梗屋のしか食べたことないので食べるのが楽しみ。腕時計を買った。カシオのチープなやつ。千円くらい。文字が見やすいから買ったが、見やすくても時間を守りやすくなるわけではない。渋谷の未来を考えるとかいうイベントに参加した。余裕の高学歴の人が湧いていた。五千円もらった。馴染めぬ。

 

就活を続けているが、もうエントリーシートを出しても連絡も来ない。

 

なぜか使えなくなってるプリンターをまた使えるようにしたい。

 

なるべく不必要に愛情や執着を感じないようにしないと。家を出て働いていくんだぞ。

いない人と話した

わたしは死んだ人と話していた。それは昔住んでた部屋で、なぜかわたしの熟語を記憶する能力について、その人は疑いを持っており、「お前は熟語を覚えてないんじゃないか」とソファに座りながら言っていた。わたしは、そうでもないよというような事を言っていた。

 

そのシーンは夢だったのだが、

醒めても覚えている。

 

その人が友人は皆プログラマーになったと言っていた。あの人はプログラマーなんかよく知らなかったらろうし、友だちの話も楽しそうにしなかった。夢の中ではなんでも可能なのである。

食事が頭からとぶ

私は聴覚過敏なのではないかと気にしてくれた友人が(食事している時とか周囲の声が聞こえすぎてこらえきれず眉を寄せることがあった)このイヤーマフをオススメしてくれた。確かに私が色々と気になって一人で食事していると途中で気になることをやりたくなってやってしまったり、なんかの音を避けるために音のしないところへたっていってしまうため3時間くらい食事を食べ終えるためにかかるのは、音が激しく聞こえているからとも思えたし、これはそんなに高くなかっったから買ってみた。

 

 

これをしているとすごく頭がスッキリする。頭に圧迫感があり、首に重さがかかるが、それそれ以上に変な音がたくさん聞こえないことで静けさを獲得し、頭がスッキリする。頭が疲れない感じ。1時間くらいこれをつけて生活し、これを外すと、すごくめんどくさいものが一度に聞こえてきて処理できなくなる感じになる。一気に脳が重くなる感じ。どこかで脳の機能の低い人は脳が常に軽く炎症を起こしている感じとかいう話を聞いた(ほんとか知らん)、こんなにいろんな音が聞こえていたら炎症にもなるだろうという感じ。

 

音のせいで作業が中断されることはほとんどなくなる。けどやっぱり他の「ひらめき」「気になる」の要因で作業を中断してしまうことはよくあって、今も食事を中断してブログを書いているわけですが(ダメだろ)、音で中断されないぶん、音じゃないところで独自に多動が私の内部から湧き出しているということがわかって、ほんとに私は外部要因がほとんどなくても多動なんだなと思う次第。

 

  こんな調子で銀行に勤めて事務作業とかしたら死にそう。

全く野心のない作家

「ぼくたちは、人生に、もっと多くの本当の謎を必要とするね、ヘム」と彼はいつか私にもらしたことがある。「全く野心のない作家と、世に出ない、本当にすぐれた詩というものは、現代、私たちが最も望んでいるものだ。もちろん、暮らしの問題もあるけどね」

 

/ 上記は 福田陸太郎ヘミングウェイ著 『移動祝祭日』より

 

 

 

 

 

「ぼくたちは、人生に、もっと多くの本当の謎を必要とするね、ヘム」と彼はいつか私にもらしたことがある。「全く野心のない若者と、世に出ない、本当にすぐれた功績というものは、現代、私たちが最も望んでいるものだ。もちろん、暮らしの問題もあるけどね」

 

/上記は就活生版 パロディー

 

行き先を偽る

 行き先を聞かれたら偽る。

 ニュースの画面の下のところにツイッターのつぶやきがセレクトされて映るやつ、あるよね。NHKだか、なんかの番組。あれきらい。考える前に、そのニュースはこういう感情を引き起こすものだよ、と教えて来る。

 

 どこそこに行く、と言うと、だんなは「楽しんでね」と言う。言われるたびに別に楽しくもないだろうけど、と言うか楽しさの問題ではないな、と思うけど、そう思ってだんなの顔をみると、挨拶程度に言ったのだという顔をしている。だから安心してノーマルな気持ちで日々に臨める。これが母でも「楽しんでね」と言ってくるけど、だんなのと母のは違う。母のは大体誰と行くとか、どんなもの食べるのとか、どのくらいその人と付き合ってるのとか、そう言うのも聞いてくる。それも嫌だけど、さらに「その経験は素晴らしいものになる」とか「さすが私の娘である」とか「そんなことをやっていると浮かれたやつだと思われる」とか「そんなの好きなんて変」とか「良い趣味をしている」とか言ってくる。それの何が嫌って、私が大切な1日を先入観なしにすごそうとしているのに、勝手に割り込んで意味づけしてくるところだ。意味づけされたら最後、逃れようと思っても逃れられない。逃れようとしていることでもうすでに変なバイアスがかかって、1日が濁っているのだ。だから行き先を偽るが、それもまた変な濁りを生んでいる。ただ自由でいたいのに、「母から逃れてやっと得た自由な1日」と言う画用紙の上に1日が広がって行く。常に後ろに母がいるような気になる。「良い趣味をしている」って、そんなの趣味だと思ってなかったのに、勝手に趣味のフィールドのこととして考えなければいけなくなる。こんなふうに意識の深くまで入ってくるところは、さすが親だなと思う。

 

 こんなふうに2人のやり方を比べられる日が来たのはたんなが私と付き合ってくれたからでありがたい。