読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちばっかりさ

その金字塔

生の短さを見よ

 私はとんでもなく小物だ。人生の多くの時間をどうでもないことに費やした。私はセネカの『生の短さについて』を高校生まで愛読していたが、大学にはいって放棄した。私は長年孔子の『論語』を読んで子どもなりに色々と耐えてきたが、長じてから、その無理矢理な馬鹿げた忍耐のためと思える身体的症状に苛まれた。ミジンコでも電流を避ける時代、何も帰ってこない山に「ヤッホー」と言い続けるのはおばかの所行である。

 

 家人が死に、一年経った。『生の短さについて』を読むとやはりまた読み返してしまう。私は何も成し遂げなかった。自分の人生が無限に続くものと思って、というより、そんなふうに平気で人生の時間を扱えるようになるために、苦しんでわざと『生の短さについて』を投げ捨て、無益なことも「たのしいんだ」と頑張って思い込もうとしてやっていたのだ。もう充分じゃないか。その証拠に私は、そんな行為が本当に無益だとちゃんとわかっていて、ちゃんと真面目な後輩には助言してやった。後輩はその助言を聞いてちゃんと自分の命を有効に使うことを考えたじゃないか。それに満足している。命の短さを思い出す。

 

 私の中国法の先生であるN先生は、かつての自分の教養科目の物理を担当していた師の退官講義を回顧して私に話をしたことがある。

 

 その物理の先生は最後の講義で、「自分は湯川秀樹のような功績は残せなかったかもしれない。ただしかし、ホームにはいっている電車に駆け込んでいって、目の前で扉が閉まっても苛々しない、心が乱されないくらいの心持ちになった」というようなことを話していたらしい。N先生は当時はその意味が分からず、「この人は何を話しているんだろう。」と思っていたらしい。でも今は、その意味がだんだん分かってきたらしい。つまり追い求めてきたものが目の前でだめになっても、心が乱されないような心境になった。ということだろう。そして私の師であるN先生はそれがだんだん分かってきたというのだ。

 

 「じゃあ、一緒に走っていた友達が乗ったのに、自分は乗れなかったらどうでしょう。」「自分の子どもだけ乗って目の前で扉が閉まってしまったら?」・・・それでも心が乱されないんでしょうか?という質問は飲み込んだままだ。それから「でもそれって、結局ごまかしなんじゃないですか?」とかいう質問も。でも私の中に湧き出てきた質問の中で一番重要なのは、「それは打ち込めるものを若いときに見つけて、それに打ち込んだ人だけが言えることではないですか?」「会社員になって、それが言えるでしょうか?」というやつだ。N先生と私はいつも駅まで歩くのに、駅までの道は私からも問い返すには短すぎる。きっと人生もそんな風だろう。私が背中に疑問をしょって運んでいくうちに、N先生はもう先にあの世へ行ってしまう。

 

 私は何をするのだ。人に笑われたら落ち込んだり、親にけなされては気持ち悪くなってミスドで寝込んだり、どうしてそんな時間の無駄遣いをするのだろう。腕を折られて棺桶に入れられるその傷みのとき、私の人生そのものも消えたらいい。あまりにも恥ずかしすぎる。

 

 本屋で『鋼のメンタル』という本が並んでいたので立ち読みしていた。プライドの高い人は人前で話す時緊張する、みたいなことが書いてあった。私は人前で話すのは緊張する方だ。プライドが高いのだろうか。自分のあまりある欠点を列挙することが出来るが、その一部を人のせいにしているのはプライドが高いのかもしれない。ずいぶん前にもう自分がプライドが高いとかそういうことはどうでも良くなっていたんだ。今でも実はどうでもいい。ただそこのところを読んで、プライドが高いってどういうことだっけと思うとともに、べたつくような嫌な気分になっただけで。

 

 『鋼のメンタル』という本の帯には、最後に勝つのは精神力だ、とか書いてあって、それは、家族のトラブルとか、ゼミの運営とか、人前での発表についても、まあそうですよねと、思いました。この本は読んでいないけど、メンタルが鋼なら、誰にも愛されないこともあるかもしれないけど、誰にも傷つけられることはないかもしれない。でも誰にも傷つけられないような人間を私は知らないから、そんな人になるのは恐ろしい。でもなるべきなのかもしれない。もしかして私は誰にも傷つけられない人になることは可能なのかもしれないけど、そうなっても世間で成功する自信はないから、あえて一段踏み外してちょっと傷つく人でしか居られないって振りをするのかな。

 

 そう思いながら私は立ち読みをやめて家へ帰りました。くるみパンを買いにいきたかったけど、くるみパンを買いに歩くようなテンションではなかった。

 

 

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)

 

 

一歩すすんだ中国語文法

一歩すすんだ中国語文法

 

今日はコレをよむ。

 

神話で読みとく古代日本 ──古事記・日本書紀・風土記 (ちくま新書)

神話で読みとく古代日本 ──古事記・日本書紀・風土記 (ちくま新書)

 

 コレも読む。

 

 

 

 

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

 

セネカ 

 

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 

 論語

後輩が北京へ行く

 後輩が北京へ行くことになった。私の大学では、北京大学とのダブルディグリープログラムというのがあって、その制度を使って一年留学すると、私の大学を卒業した時点で、北京大学も同時に卒業したことになる。

 

 最高である。

 

 後輩がその制度を使って留学するらしい。

 

 後輩はあんまりお金がないのと、成績が振るわない(私ほどではないが)のとで、諦め掛けていたのだが、私は自分が過去に諦めて後悔した経験から応援し続けた。別にそのせいではないけれど、今回北京に行けることになったらしく、非常に喜ばしいとともに、非常にうらやましい。

 

 2年後には後輩は私よりずっと優秀な中国語使いになるだろう。どんな不利な条件があっても決して自分のやりたいことを諦めてはいけないということをまた私の胸に焼き付けた。

 

  世の中にはお金のない人なんてわんさといて、そういう家の子供なのに、お金を融通してくれるのは自分の親とか祖父母くらいに限られると思っていることがかなりある(わたしもそうだった)。それは一種の洗脳であったり、致してそう思い込まされている場合もある。

 

 

  いかなる思い込みも排除しなければならない。どんな洗脳も跳ね飛ばさねばならない。申請すれば国が奨学金をくれる場合もある。

 

 

  あと奨学金の話とか聞いててよく思うんですが、大学生になったらもう大人だったりするんだから、親の年収とか関係ないので、そういう基準で奨学金出す出さないを決めないで欲しいです。親が裕福だからって、子供も裕福だとは限らないので。

 

 後輩が北京を楽しんでくれることを願っている。

 

 とりあえず私は調子悪すぎなのではよ普通の顔色に戻りたい。

メモ:熱を出す前の不思議な現象

明日もバイトなのに熱を出した。38度のお風呂が冷たいので38度以上の熱かも。

 

 

わたしのベース的な情報

・左後頭部の脳の血流が悪い

・横書きの日本語が読めない

・全体講義を聞き取れない(というか理解できない。音は聞こえてる。)

・先生1学生1から、先生1学生3くらいの会話を通じての講義はよくわかる

 

 

 今回の風邪について

 発熱:12/4 15:00くらいから。もっと前からかも。熱は測らない主義。測っていない。

 

 その前に出た症状:

・11/29の午後、横書きの日本語(邦楽の教科書)を読んだら割とスラスラ読めた。

・一週間まえくらいから頭が痛くなる

・発熱の日の朝

・発熱の前の晩眠い

・目が悪くなる

・肌が荒れる、顔面にニキビみたいなものがとてもたくさんできる

・発熱の前の晩取り乱す(内心で)

・発熱の3日くらい前から寒気

・一月くらい歯が痛い(もしや歯の磨耗では無いのか)

 

発熱時の症状

・寒気

・頭がぼんやり

・やってることに集中する(体を動かすバイト)

・多動になる

・心拍が上がる

・体が熱い

・手が冷たい

・胃が熱い

 

 

 

酔い潰れた友人

 酔い潰れた友人を見にいったらもはやシャキッと立っていたので、1人ですぐに帰宅した。一応ホッカイロはあげた。本日はHSKの受験日だが、ガチで心臓が疲れてる感ある。寒すぎたのだろうか。それとも母と話した時間が長すぎたのだろうか。今日は本当に怒っている部分に触れられてしまったので、本当に怒りを引き出してしまい、外的には穏やかに振る舞ったが、内面的には煮えくり帰った。そういうところが良くなかったのかもしれない。

 

 酔ってた友達は、体を壊しまくっていて、仕事を辞めるといっていたので、一応有休消化してから休職してその間進路を考えてはどうかと言ってみた。わたしもよくわからない。

ハードワーク

ハードワーク ハードワーク どうしていつも

承諾してしまうんだ 僕は

新種の苔のようにどんどん仕事が舞い上がる

苔だ 僕は 新種の 引きつけてしまう

 

大学生は子供を作ったらいいと思った

  就職が決まれば共働きの世の中、大学生のうちに子供を産んでおいたほうがいいのじゃないかと思った。2人目は就職してから考える感じで。

 

 大学には基本妊娠している学生は居ない。居るのかもしれないが、おなかが目立つほどの人は学内で見たことがない。わりとおなかがしゅっとしてる人ばかりだ。なんか統一感ありすぎて逆になんでだろうとなる。

 

  わたし個人に関して言うと、自分の血を引く子供なんか戦慄ものなので、子供を作るなどお話にならん。

 

 中学校か高校のときに一度だけものすごい頭痛がして風呂場のところまで行ったけどいたすぎてその場に寝てしまい、起きたときは何もなかったことがあるのだが、あれは一体なんだったのだろうか。あの辺から能が劣化してる気もするのだが。 冬になると自分のおかしい部分ばかり気にして、保身に走り始める(そうでないときは自棄になる)。

美しさと哀しみと (中公文庫)

美しさと哀しみと (中公文庫)

 

 ↑除夜の鐘聞くやつ。エロ。途中で読むのをやめた。

過去を思い出すときの印象

 人によって過去を思い出すということに伴う印象がちがうだろう。私の二十数年の人生の中でも、子どもの頃と今では思い出すということは同じではない。子どもの頃に思い出していたようには今は過去を思い出せないし、子どもの頃は今の私のように思い出すという行為をするという発想がなかった。

 

 思い出すというのは、回想する、振り返る、つまりなんらかの感覚により自分で過去に感じたイメージなり、感情の動きなりを、今の自分がまた取り上げることであろう。いまとなっては、子どもの時はどのように思い出すという行為をやっていたのか説明するのは難しい。それ自体を思い出せない。

 

 そうおもうと、なんだか自分の過去に向けて呼びかけても呼び声が届かない場所というのがある感じだ。どうもむなしい。子どものときに感じたことすべてを書き留めておけば良かった。いや書き留めておいても、当時私が予想した読み方では、今の自分はそれを読むことを出来ないのかも。私の人生の感慨については、はいくつかの人の死に憤慨したり心を動かしすぎ、自分の感情に理由付けをしようとむちゃくちゃになったせいで、もう振り返ってもちゃんと素直な状態のものはほとんど残っていない気がする。とっても眠いなり。だんだんこうやって子どもの頃の自分から切り離されていくのだろうか。あのころ感じたはずの悔しさや怒りを今でも踏みしめているはずであるのに。

 

 

「酒」と作家たち (中公文庫)

「酒」と作家たち (中公文庫)

 

 

川端康成随筆集 (岩波文庫)

川端康成随筆集 (岩波文庫)