読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立

ミスチェッカー

 ミスをたくさん犯すのだが、他人のミスを素早く見つけ出して修正することが上手だ。グループディスカッション等で変な方向に話がそれ始めた時、素早く本題に戻すのが得意だ。人の気を楽にさせることが得意だ。なぜなら私はミス生産機だから、割と多くの人が私の失敗を聞くことで、自分はまだ大丈夫と思える。

 

 ちなみになぜ薬のみたくないのかというと、脳みそに効く薬によって自分の行動が変わるのがいやだから。そういうことを気持ちが悪いと感じるから。あと、ほんとはどこかで、自分の特性が社会に貢献できるんじゃないかと期待しているから。

 

 薬を飲んでいる姿が死んだ親戚を想起させるから。

自分を励ますために

 私は今日友人宅のキッチンのステンレス製のシンクを金だわしで洗ってしまいました。私は知らなかったのですが、ステンレス製のシンクは大変傷つきやすく、金たわしで洗ってはいけないんだそうです。友人は怒っていました。大変申し訳ありませんと言いましたが、謝ったら何だとかそういう問題ではありません。ステンレス製のシンクは私の行いによってさびやすい状態になりました。

 

 正直わたしのやることなすこと、失敗が多すぎるし、失敗が多すぎるくせに社会が怖く、人に対して身構えているため、一人の人間としてかわいらしさがありません。失敗が多くてもかわいいキャラがたっていれば、それで許されることもあるというのに。

 

 私の失敗は大きく二つにわけられる。一つは育ち方とこれまでの自分の性格のために物をしらないことに依る失敗。二には多動とか発達障害とでもいおうか、そういう類いの性質によるもの(まあ発達障害なんですけど)。

 二の失敗は生涯に依る失敗だから、コンスタントに繰り返し続けるだろう。完全になくすことは出来ないし、あんまり減りもしないと思う。一つ目の育ち方とこれまでの性格による失敗や間違いは、学んでいくことで失敗を減らせる。

 

 今回のシンクを金だわしでこすった問題は、私自身が育った環境の中でシンクの掃除をしていたのは基本的に最初から私だったため、他の人がどうやってシンクの掃除をしているか知らず、道具とか何か工夫をするものとも思い当たらなかったからやらかした間違いだ。シンクは早く綺麗になった方がよく、もしこびりついている汚れがあるならそれも一気に取れた方が良い、と思っていたため、金だわしを使った。

 

 私は毎日間違いを繰り返す。発達障害等に原因がある失敗なら言われても何度でも繰り返しやらかすし、経験不足や無知に依ってやらかす失敗も二度は繰り返す。いまのところ三度はくりかえさない。それは、本心から言うけれど、私に緊張感がないからではない。薬を飲んでいないからだ。薬を飲めば多動を抑えられるし、短気記憶をもっとマシにすることもできる。でも私は薬なんか飲みたくない。脳みそに効く薬だ。

 

 間違いを犯した後は、いつも死にたいなあと思う。でも一度も薬を飲みたいとは思えない。私はきっとこの世界で薬を飲まなくても遣って行けると思っている。そして薬を飲まないでくだらない間違いを繰り返している状態でこそ私だと思っている。

 

 経験不足や無知に依る失敗は失敗したときに解決策を与えられることで繰り返さなくなる。発達障害などによる間違いと、経験不足や無知に依る間違いを全部一緒に考えて、失敗ばかりだと思うべきではない。こういう時に自分はだめだとか、くだらない人間だと思うことは良くない。

 

 それに世の中には失敗を良くする人間に必要以上に「失敗している、失敗している」と言い続けて精神崩壊させようとする人が居る。そういう人のやり口に嵌ってはいけない。

 

 私は「薬を飲まないで暮らしていった方がいいんだ!」と声を大にして言えるような天才とか、成功した人ではない。失敗を繰り返して人に迷惑かけるくらいなら、薬をのめよと言われても不思議ではない。手紙を出し忘れるとか、衝動的に正論をぶっぱなしてしまうとか、そういうことで迷惑をかけている。私は成功者でもないし、才能もおそらくないけれど、でも薬を飲みたくないのだ。飲みたくない人に薬を飲むべきだと言うべきではないと思いませんか?そして手紙を出し忘れるとか、衝動的に正論をぶっ放すというような「性格」と捉えてもいいことを「失敗」と評価することは、たぶんいいことではないと思う。

 

 企業の中には、人事評価において「どれだけミスをせずにその仕事を成し遂げたか」でその人を評価し、昇進させたり昇進させなかったりするところもある。昇進するのがいいことか否かは別として、そういう評価基準を作ったら最後、評価は機械的に行われる可能性が大である。そうしたら私はいつまでも評価されることがないじゃないか。評価されるために薬を飲むようなことがあれば、それこそほんとに間違っていると思う。

 

 だから私は就職活動においては、企業が「どんな人事評価基準を採用しているか」「苦手を補い合う環境か」を重視する。わたし、挫けるな。うまいとこ入ってやっていけるか今にかかってるぞ。

 

使える行動分析学: じぶん実験のすすめ (ちくま新書)

使える行動分析学: じぶん実験のすすめ (ちくま新書)

 

 

 

 

慌ただしくしていた

 就活をしているもの同士で北京ダックを食べに行った。新宿の中国茶房8という店(他の場所にも店舗ある)へいって、1匹3千円ほどの北京ダックを食べた。ちゃんと肉も料理してくれるし、スープも作ってくれる。

 

一緒に行った友達は、中国育ちで、久しぶりに北京ダック食べたみたいで感動していた。ここは恩師が紹介してくれた店なので今度お礼を言っておかないと。

 

友達はグループディスカッションでしくじってしまったと言っていた。あと今まで全くもっていなかった学閥意識が芽生えたと言っていた。私はそんなことないけど。

 

18きっぷでどっかいきたいな。友達がいろいろとメニューを頼むので高くなってしまったじゃないかー

 

しかしここのところ私の就活具合を心配しすぎな社会人たちによっていろいろと食べさせてもらっていたので、なんとか財布は持ちこたえているぜ。

いろんな会社

いろんな会社を見に行って、どうにもこんな人ばかりのオフィスにはいられないなと思う会社もあれば、そもそも過ごしやすそうだし、オフィスにいる必要もないという会社もある。

 

とりあえずYahooのポテンシャル採用に応募して見たが、落ちた。「ポテンシャル採用」と銘打ったものに落ちると微妙な気持ちになる。そんな必要ないのだけど。

 

そもそも普通の人がどうやって生きているのかがわからない私にとって、就活はなかなか難しいものになるかもしれない。学校では物珍しい学生として、それなりに面白がられててきたが、会社に私のような人間を欲しいと思う人がいるかな。

 

説明会などいくと、髪の毛ボサボサ、カバンが汚いなどの人に出会うことがある。そのひとがガサツというより、単純にお金が足りないんだろうと思う。お金があれば大抵の身綺麗さは確保できる。と感じている。人ごとではない。なかなか難しいものだ。

 

不器用だと自覚している人は、大学に入ったら、二年生の時からインターンをしたほうがいいかもしれない。そうしないと大学では面白がられるけど、会社には受け入れられないという人間になりかねない。

 

実を言うと、私は元気で働くもある。だからちゃんと採用されるだろう?と思っている。そうじゃなきゃ、元気で働く気のある若者が余ってしまう。そんなのはおかしいでしょ。

ううむ

  婦人科に行かなければ行けないときというものがある。婦人科は内科とちがって、婦人かは数がそんなに多くない気がする。出先にないことが多いから、何かと婦人科に行くのは大変である。

 

 中国で配っていた産婦人科のティッシュのことを思い出した。

f:id:giveus:20170221061128j:image

f:id:giveus:20170221061135j:image

 なんか「意外にも妊娠したとき専用カード」が同封されているのが微妙。このガッチリしたカード、繰り返し使う仕様じゃないか?と思ってしまう。

 

 さて、今日もインターンである。何かと体調が死んでいたが、なんとか持ち直したぞ。中華系企業に勤めている友人が、色々アドバイスしてくれた。嬉しいありがとう。こんど企業に勤めることになって稼ぎも増えるのに、安いシェアハウスに住んでいる。それがなんか君のいいとこだと思った。

 

 ちゃんとブログも毎日更新したい。ちゃんとその日の生活を反映している方が後で見返して楽しいだろうと思う。

 

 

 

 

 

神奈川県大山登山

 神奈川県の大山に登った。富士山はかすんでいながらもきちっとしていた。富士山はきちっとしている感じがある。色川武大の小説に「山が怖い」という人物が出てくるが、富士山はあまりにもきちっとしているので、あんな山なら怖いということもあるかもしれないと思った。

 

 山に登るのは気持ちがいいが、ついつい途中で茶屋等あると、何かと食べてしまう。かつ山に登るまでにバスに乗ったりするのが興ざめだ。高いし、わざわざ阿呆なことをしにいっている感じが半端ではない。そこまでするならケーブルに乗って登ったらいいんである。

 

 とはいえ自力で歩いていくのもまた馬鹿げたことで、ただ単に疲れてしまうのでバスに乗る。明日もインターンだし、などと考えてしまう。就活はこのようにして平日の活動を抑えめにするサラリーマンの習慣を学生に叩き込むのか。

 

 

百年前の山を旅する

百年前の山を旅する

 

 

 

早稲田三朝庵のカツ丼

f:id:giveus:20170219233557j:image

蕎麦屋のカツ丼たべたくてねー

これ私めちゃ好き

 

楽天の説明会行ったらめちゃ疲れました。楽天のおかいものパンダのシールと蛍光ペンもらいました。うーん。