いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生みだすこと(銭湯をやる。住宅をやる。)28歳。放送大学情報コース2021.4~。 東京にて。

無限にこの瞬間を繰り返していきなり死ぬ

夜中にまだ出るからと茶を飲みながら

次に学びたい手のことを考える

市場も道も静まり返り

エアコンの静かな音がする

私がこの小屋を買ったのは2022年

あなたのいびきが後ろから聞こえる

あなたの寝姿を用意に想像できるのに

明日死んだら忘れていってしまうだろう

永遠にこの時を繰り返して

ずっと同じ部屋にいる

少しの体臭の変化も恐れながら

こんなに眠いけれど

上野に行ったときの二人と

何一つ変わらないから

カリカリカリと未来を削って書き記す

冬の川から湯気が立つ

豊かになりたいと望む

私達のために

山並みを見たときの気持ちの爽やかであることのために

宝くじなんかかわないで

年を越せる勤勉なものになるために

そういうものに

わたしはなりたかったのだ

草熱り立つ夜に

霜に抗って目を閉じる