いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと(目下の目標:簿記3級・2級の取得 TOEIC900点)

早起きしようとしたらとにかくやばい

今週のお題「体調管理」睡眠とか起床について破滅している話

 

 やり方が間違っているのか

 

 とにかくやばい。

 夜10時頃に3つの目覚ましをかけて寝ようとした。三段がけ!ちなみに目覚ましは光によるものと鳥の声によるものと、やたらうるさいものの三種類である。起床にかける費用と情熱・・・でもこれ今までいろんなシチュエーションであまり意味がなかったんですよね。

 

 やってみたらやはり、色々と終わっていないという不安か、それか単に色々なことが気になるのか、いかにしても寝付けない。寝付けないとだんだん日頃のことについて疑問が湧き、不安になり他の人の考えが読みたくなる。ブログを開きツイッターを見てしかもためしに猥褻な漫画でも読むかと思って漁っていたら不倫漫画にぶち当たってしまいめちゃくちゃ胸糞悪くなり布団の中で高速寝返りを打ちふて寝しようとするもまだ眠れず、そもそも卑猥な漫画自体そんなに読みたくないのになにをやってるのか。一連の流れをやって朝5時になった。もういいやあと2時間ねれば日の出になると思って、カーテンを開けてねれば明るくなったとき起きるのではと思い(そんなんで起きれたことはないが)開けようとしたが何しろ強烈な冷気が来るので断念した。

 

 あそこであと2時間起きていれば日の出だ、という風に考えるべきだったのだ。寝てしまったばかりに。しかも布団の中で起きて過ごした7時間、これはもー生産性もなければ睡眠時間でもないアホな時間である。

 

 目覚まし三段鳴りして起きて、お、これから行けば日の出からそう時間もかからずいけると思った瞬間、意識が落ちた。寝たというわけ。立ち上がったくせに布団の変なとこで倒れて寝てた。弱った蝶々か蛾かね?わたしは。

 

 あの詩みたいなやつを夜に書くと覚醒してしまうような気もする。前頭葉で魚が跳ねている感じになる。びしゃびしゃばちばちとうるさい。脈打つ。高校生のとき毎晩やって朝まで起きていて試験も余裕で寝過ごしていたばかりか授業で起きてた覚えがない。なぜ学校の机は寝転がって座れないのかおかしいと思っていた。

 

 しかも今日講義に遅刻する。

 顔面が腫れぼったくてやばい。顔があ。悲劇だよこれは。講義を録音したりさせてもらってるので、たまに先生にお礼を言わなければならないシチュエーションがあるのだが、先生の前に出るのが地味に怖い時などあり帰って寝たくなる。その上今日は遅刻だと......

 

 ここまでくると鬱とかいう問題以前に不眠なのではないかという話もあるが、もっと長い期間観察しないとダメだろう。でももっと長い期間観察する気力がないのでこうやってブログに書いておく。

 

 爪を切り忘れた。もうどうでもいいしとにかく。主に顔面と脳内のうるささがよくない。

 

 早朝ということにこだわっていてはいつまでもなにも完成しないかもしれないのでもう構わず夕方でも昼でも行くことにする。マイルールを変更する。もうなんでも、毎日やればいいことにする。だんだんレベルアップすれば良いのだ。そもそもわたしには生まれ落ちてからちゃんとルーチン化できたことがないので、これを毎日やるだけでも価値のあることなのだ。目標設定が本当に下手だなぁ。やる前には本気でできると確信している。

 

 この本気でできると確信しているところが大変おかしいのだ。

 

 仕事を始めるにあたっては旦那が起きれる人ということが救いだ。旦那は眠りが浅すぎわたしは深すぎ。

 

 どちらが長生きするか見ものだよー。初めてちゃんと好きでいてくれる人なので大切に長生きさせたい(なんかこの言い方だと旦那が植物みたい)。もうすぐに終わるものや期限が数年というようなものには興味がない。死ぬまでかけてやることには興味がある。ただしうまい甘味は別。

 

 おちこんだので落ち込んだ時定番の三朝庵のカツ丼を食べた。汁物とおしんこ付き。蕎麦湯も頼めばくれる、で790円。

 ここは主人であるおばちゃんとウエダさんという仕事人がいてその二人がとてもいい感じ。落ち込んだ時通って5年目になるが、店の中でこの二人がしゃべっているのを見たのはほんの一、二回しかない。この二人は店員というよりはなんかもうここに住んでいる感じに見えて、阿吽の呼吸でつながっている。ウエダさんに話しかけるとかがんで聞いてくれる時があるので恐縮してしまう。最近は厨房で男の人が怒鳴ってるのでそんなに怒鳴るなよと思う。いい店だが。今日は年に一回この時期しかない「ゆず粉を振りかけまくれる日」だったのでゆず粉を振りかけた。七味も。食べていたら相席になって向かいに笠智衆みたいな人が座った。七味だけかけているので、ゆず粉をすすめると「そうですか、期間限定なの?ありがとう」と言っていた。これは渋い。たしかあれはおかめうどんを食べていたんだな。また渋い。

 

 f:id:giveus:20180113125450j:image

f:id:giveus:20180113125436j:image

 

 早起きは良いものだ早起きは良いものだといつも耳にして、自分も夜明けが好きだから早起きしたいとずっと思っている。しかし現実問題わたしの母も朝起きれない方で普通の時間仕事をしていた時いつも体調を崩して大変だった。今は重役じゃないが重役出勤(ダメなんだが勝手にそうしてる)の仕事をしている。

 

 すこぶる元気そう。

 遺伝とかもあるのかなと思った。我々二人全く違う星からきたのやもしれぬ。

 

 法学部のオムニバス講義でジェンダー論の話してた。わたしはそんな強い女じゃないよ。悪いけどできれば家で寝ていたい。今日はダメだなー。波があるの。強い女じゃないよとかいいつつも、男のいいなりになっている女は嫌いで、でもジェンダーの先生が言うような、「結婚をして子供を産む、そのことが必ず幸せを意味すると考えることは問題です!」とか敢えて言うような強さは求めない。そんなことわかってるし、わたしはそれ以外に考えることがあって。

 

 大学の先生は講義の途中、毎回ランダムな時間に出席票を配ったりアプリを使って出席取ってみたり、最後まで着席してないと出席票を出さないようにしたり工夫をこらしてるけど、いい年下大人を興味のない話に付き合わせることに力を尽くして虚しくないのであろうか。お互いに虚しくなるための集会みたいになってるんだけれども。わたしは明日か一年後死ぬとしてこの講義には出ないなと思うことが多い。正直10年後死ぬ場合も出たくない。20年後でも出たくないけどそのくらいなら単位のために出るかもしれない。

 

 帰宅途中にお茶屋さんへ行って、ちょっと奮発して旦那送るお茶を買った。その足で近所の神社へ。大学行って神社まできたらもう夕方なんだけど......

f:id:giveus:20180113230037j:image

 お百度石はなかったので階段の下のこの謎の角っこを起点に。

 お百度中の二回をやりました。なんか私はずっとこう言うことがやりたかった気がする。と感じた。

 

 案外人がたくさんいたので裸足でやるのはやめとこと思いました。あと私のお百度の理由はほんと私とその人だけのためのつまんないことなので、大騒ぎには及びません。けど我々にとっては切実なので。

 

 それからアルバイトで最低賃金守られていなかった件、労基署にメールで相談できるみたいだったので、メールフォームから相談メール送りました。名前を出して相談しようと決心したのだけど、メールフォームでは匿名でしか相談できないよう。 メールフォームのページは以下。

www.mhlw.go.jp

 

 メールフォームなら相談したいという方がいたら使ってみてください。応援してくれた方々ありがとうございました。やはり気がかりだったので相談しました。でもこれって返信来るのかさえよくわからないな。

 

 今日はお金を使ったので明日からは仙人のように暮らしたい。 いやほんとにお金使ったな。試験明けたらバイトしないとね。帰宅して寝死にました。

 

 あっカツ丼の写真食べかけでした。生きていかねば!