いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立(物語です)

発展

思い入れがある一つの思いにとらわれながら

南北を移動しながら

薄緑色のロビーを上から眺めながら

聞き慣れない音楽と汗の匂いに噎せかけながら

ハイランズコーヒーでピーチゼリー入りのティーを飲みながら

僕はここまできた

この空港まで

残された詩は少ないが

私は歩いてきた

父の歩いた道を

薄緑色の家々を眺めながら

壊れたハーブに包まれながら

無力な自分とたくましい時代を見ながら

割られてなくなった遺跡

次々に発着するバスと上り下りする様々な人を見ている

世界に殺された父と

その足取りを踏み切るように気をつけて歩く

常に何かを細やかに展開できるよう気をつけながら

決して父に負けはしない

私は命を失わないで命だけを持っているから

中国の書店でいつも

父の夢を見る

仲間が寝静まったあいだ

うち負かし乗り越えて行くべき存在であるところの

その名前

f:id:giveus:20170925024137j:image