いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと 人生25年目/ NHK中国語講座で勉強している

ねむい

旦那としばらく一緒に過ごすと旦那依存症になり、旦那と話していないとなんかつまらないなとか、見えない場所にいるとつまんないなと思ってしまう。

 

f:id:giveus:20190409231913j:image

 

高尾駅で買ったきなこパン、つぶつぶピーナツパン。つぶつぶピーナツはめちゃ美味しくて自分で作りたくなる。きなこパンは昔からあるけど昔の方が美味しかった気がするの。パンの生地がね。

旦那と2人で旅行

旦那と2人で旅行した。2人で民宿にこもりきりで、変な旅行者だけど楽しかった。散歩したことが良かった。酒を飲むタイミングが合わずなんかしっぽり晩酌という風にはならなかった。温泉を喜んでくれて良かった。私が選んだ宿を褒めてくれて嬉しかった。

 

うなぎご馳走できてよかった。よく考えたら、湖に遊覧船があってそのことについても眺めながら話したのに、一向に乗ってみようというような気持ちにならなかったのは不思議だ。見ているだけで良いという気持ちだったのか、寒い時に船に乗るのは心配だったのか。

f:id:giveus:20190408122442j:image

新入社員はかわいそうだ

 入社式で挨拶した時、新入社員の何人かと話し、顔を見た。みんな驚くほど馬鹿そうで、どうしていいのかわからないくらい恥ずかしくなった。一年前の自分と同期を思い出したから。

 

 同期は一年間で半分やめてしまい、しかも会社から研修代を返すようになどという悪質な要求を受けているらしい。この会社はおかしい。労務関係の書類もちゃんと作れないし。

 

 やはり労務のこと勉強したほうがいいのかなあ。でも労務の勉強極めた人事とか総務なんて誰も雇いたくないんだよねきっと。

 

 どうしようかなあ。

視野が狭くなった

ここ5年くらい(大学に入った頃から)自分の視野が狭くなったと感じる。何をしていても昔ほどは楽しくなく、自分の価値を感じられない。仕事を始めてからは、いつも不合理なことばかり言われ、先輩社員からは今まで自分が続けてきたことを全部その通りにできるはずだと言われ続けて脳の質が悪くなりそうである。90年代に導入した入力フォームに今更入力作業をしてと言われても頭がおかしい。バーコードとバーコードリーダーの仕事をなんで私がやらなければいけないのか。そしたらあなたがその仕組みを作ってと言われて、そもそもなんで私がバーコード職人にならなきゃいけないねんと思ったけど、じゃあ作りますよ勉強してと言ったら、それは今はできない。会社のシステムは全部繋がってるからと言ってくるけど全部ってどことどこが繋がってんねんと思って、いろんな人に聞いていたら、それを嫌だと思われているらしくその先輩社員が変な作業ばかり押し付けてきて、それを後回しにしてるとさっきの急ぎだからやってとか言われて、なんで急ぎなんですか何に使うんですかというと、周りに聞こえるように「なんのためとか聞いてないで早くやって」と言ってくるので、エクセルでさっさと作って渡すと、回覧してとか言ってきたりするので、ご自分でなさってくださいと言って定時で帰宅するわぼけ。脳の質が悪くなりそう。

 

でも昔ほど楽しく感じられないって言っても、昔っていつ楽しかっただろうか。対して楽しかったこともなかったが、思うに詩を書いていた時楽しかった気がする。誰に習ったわけではない。誰が認めてくれたわけでもない。でも正直だった。

 

とにかくまともな家に住みたい。一生いても怒られない家に住みたいとずっと思っている。

 

大学に入ったのは、当時母子家庭でお金がなく親はお金の使い方がおかしく、いつも食べるものが足りない環境で、バカにされたくない、前に進みたい、世の中に出たいと思ったから。でも周囲からすごいと言われても自分はつまらない人間のような気がしたままだった。

 

いつまでたっても本当は、殴り合ってる親に怯えていた子供のような自分で、今度は親ではなく社会に怯えているというだけの気がする。

 

お金を出して美味しいものを食べた。けどそれが大事なんじゃない。何か自分を認められるようなものを見つけたい。

 

というよりこれさえ繰り返していけば体調も崩さないで働いて行けるという鉄板の生活ルーティンを見つけていきたい。

クレジットカードを一枚解約した。家に帰ったらまた一枚解約して一枚だけ待つことにする。

f:id:giveus:20190407095308j:image

 

 

クレジットカード落とした

クレジットカード落とした。クレジットカードを落とすと本当嫌になるよね。クレジットカードなんか持たなきゃよかったと思うけど、現金持つのはさらに嫌だけど、そもそもお金を稼いで払うというのはさらになんか不毛な気がする。この世は生きづらいよね。気持ちの良い人たちと働きたい。

 

部屋から見える桜がまた咲いていた

部屋から見える桜がまた咲いていて、この部屋を素晴らしいと思ったきっかけもこの桜だったと思い出した。二度目の桜を見たことに衝撃を受けた。疲れたと思った。この会社に勤めたまま夏は迎えたくない。こんな会社潰れて仕舞えばいいのに。