いのちばっかりさ

生きている記録。生業。通信制大学。天平の甍、生の短さについて、狼煙

熱中症

熱中症でぶっ倒れて寝ていた。100年で一番暑いらしい。なのにサウナに行ったら体力の低下もあって熱中症になった。すごく気持ち悪かった。オフィスワークしていると水分を取る行動が少ないので、そういうときは気づかなくても軽い脱水になっているので、そこからサウナに行ったらだめだと思う。

 

電気代がすごく高いといわれていて、なのに物価も上がるということで、というか電気代も高いから物価も上がるのだろうけれど、困っている。

こういうふうだと一人の労働では賄えないのではないかと心配している。この暑いのに、主夫を労働者として召喚しなければいけないのだろうか。

 

今だと毎月3万円くらいは手元に残るが、これから全く残らないかもしれない。そうするともう働かないで失業保険をもらって勉強して次の仕事をもう少し稼げるものにするよう狙っていくほうが良さそう。

 

会社は、おしゃれな人がどんどんやめていって、純日本企業みたいなおっさんと派遣で来られている女性ばかりになっている。やばそう。