いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと 人生26年目

娘を購読

 たまに自分は親に購読されてたんだろうと思ってニヤニヤすることがある。敬老の日だけど誰にも電話しなかった。なんかしようと思って計画して、計画した後に実際にはやらない寸止めみたいなのが好みである。そういう未完の計画はいつまでも覚えてるってわけではなくて、すぐに忘れてしまう。