いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと(目下の目標:簿記3級・2級の取得 TOEIC900点)

笑いの病院

昔は笑わなかったが

今は笑っていることが多い

世の中にある喜びがあまりにも強くて

どこかで見たように

笑っているとさらに全部面白く感じられる

頭が疑わしいほど無邪気に笑って

人事もたじろぐ

 

この瞬間だけだという神経が張り巡らされ

甘いクリームを舐めるように

細胞の一つ一つが爆発的に喜ぶ

幼い頃封じ込められていた喜びが

波に洗われて突如露出したように

 

自分でも意図しない方向にまで表情が動く

喜びながら自分の異常性について感じる

この喜びは社交的な喜びではない

実は暗いところから湧き出しているのではないか

笑っている時穴が空いて、

昔の瞳がみえる

 

「ばいた」と心で罵っている子供

若い祖母にラップの芯を投げつけた子供

小学校のエントランスで連れ去られ

用務員さんの幸せを願っていた

ボイラーの音を追いかけて指を切られそうになったあの時

嬉しくてくすぐったくて泣いていたから

 

早く桜を見せろはやく

私はいま苛立って要求しているのだ