いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと

偽物の杜子春

謝るのが面倒だから
うまくやっていき
謝らないようにしようと思った

うまくやったことにも本当は謝らなければならない気がする
(あ)
熨斗をつけてください
と頼みました

年末の電車でネクタイを外している人がいて
それを見ていたら新年になって
でも

回送電車でしたかこれは
贈ろうとしたものがないのです
ホームから見たら
熨斗だけがマンションの外壁に
一面についていた

寒いですよ寿司だけでは
人生には芋煮のようなものも必要だ
だけれども

(あ)前置きもなく寒いよねと
奥さんは私の腕に触れていいました
私よりずっと確かな呼吸をしているはずのあなたを
私はきらいでした

技巧的な(あ)
現実界で私はただのニヤニヤしている(あ)
お年賀ですねといいました
あー現実界ではそのように言うのですね
「はい」
「そうです」