いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと 人生25年目

タヌキ似(ゆたさんと会う)

f:id:giveus:20170819000648j:image

 

 昨晩から何かと社交的な要素を喪失していた私は、朝起きて見て早くもこの暑さに糸を引き始めた労研饅頭を見てこれは食べなければなるまいと思って全部自分で食べたのち、この饅頭は祖父がものを元気に食べられるうちにあげようと思っていたものなのだが、祖父が明日にもものを食べられなくなる可能性もあるなどと考えることがまず不謹慎なので、そんなことを考えるべきでなく、そのうち都合の良い時に労研饅頭をまとめて取り寄せて渡せばいいのだと適当な自己弁護をなした。こういうことを後で後悔するものである。

 

 その後上の写真の大栗川を渡ってバーミヤンに向かった。タヌキ似のゆたさん(id:SHADE)に会うためである。ついにこの日が実現するとは。緊張。

 

 ちなみにこの写真の大栗川は耳をすませばに出てくるみたい。なんども見たはずなのに耳をすませばの記憶がほとんどない。右側に写っている茶色っぽい建物の向こうにバーミヤンがある。

 

 大栗川の現在の様子と2016年度の水位が上昇しているときの様子。

www.ktr.mlit.go.jp

 

tamapon.com

 

 

 今日もついつい嬉しいのか恥ずかしいのかのあまり、またメインのこと(お会いした感想)を書く前に大栗川の水位の上昇などに関するリンクなどはって余計なことを書いてしまった。

 

 写真を貼ろう!(どうしていいかわからぬ)

 

 ゆたさんとドラゴンフルーツバニラアイス添えとマンゴースムージー。マンゴースムージーはドリンクであろうか、デザートであろうか。

f:id:giveus:20170818235655j:image

  写真掲載の許可をいただいたので、ここに。

 バーミヤンではこのようなデザートを食することができる。ゆたさんはカメラを向けるとこのように平面化しカトゥーン調になるのか。お話ししているときはそんなに平面的でもなかったと思うのだが。

  

 いただいたガラスのコップについてお礼を言えた。あとこのだめブログを前々から読んでくださっている方なので恥ずかしかった。初対面の人には会う前が一番緊張する。色々とゆたさんのことについて教えてもらったが、家に帰る途中であれは私のことも話すべき場面であったのだろうと思い至り、自分のことを話すとしたら何を話すのか考えたけど何も出てこなかった。会話で自分のことあんま話さないし、話したにしても以前のことあんま話したことないな、と気づいた。

 

 面白いお話を伺い、また面白い活動等についてもいいなあと思った。面白そうなので読書メーターのアカウントを作った。ポテフをゆたさんにもお分けすることができた。私にポテトフライをくださった方、ありがとうございます。

 

 ゆたさんにだんなのことを話したのだが、そのあと家に帰ってだんな電話しているとまさかの付き合って初めての喧嘩をしたので、まるで面白いことのぎっしり詰まったドタバタ漫画かなと思ったのだが、その喧嘩の内容が私がだんなの誕生日を忘れていたと言うもので、しかも再三ヒントを出しても思い出さなかったと言うものなので、大変申し訳ないとともに、なんか冬だった気がしたんだもん、と言い訳しようとしたのだが、そんなのなんの言い訳にもなっていないのでやめておこうと思ったのだが、やっぱり言ってしまい、けど最後はもう私に数字を覚えることは期待しないと言うだんなの諦めによって許された。情けない。

 

 

  夕方から会うはずだった友人は結局、急に腹痛に襲われたので帰宅しブスコパンと言う薬を飲んだら治ったようだしよかった。よく効く薬だそうです。

 

 フィルムカメラで撮った写真のフィルムをデータ化したいのだが、どこが安いのかなあ。

  

【第2類医薬品】ブスコパンA錠 20錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
 

  

 ゆたさんまたお会いしたいです。

 

 ゆたさんのブログはこちらです。ブログ名がかっこいい。

shade.hatenablog.com