いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立(物語です)

まだまだ

 昨晩不意に不安になった。それだけのことだった。きっとそういう体のサイクルだったんだろう。だんなに変なお願いばかりした。滝に連れて行って欲しいとか、怖いところにはいかない、とか。アホである。登山道だから車ではいけない場所だし、夜は真っ暗だと言われたけど、あろうことか連れて行ってくれよとごねた。純粋に、駄々をこねていたのだ。思えば夜行バスを降りてからなんだか変だった。家に帰っても全然眠れなかった。そのあとごねて、疲れて寝てしまった。記念すべき馬鹿の日である。面白すぎるし迷惑すぎる。

 

 だんなは心霊の類を信じている。滝に行かない理由として、心霊の類がよくいる場所だって、そういうことを理由にするのがやけにいやになって、そんなもの信じてないからいうのやめろと言った。でも本当はそういうものを信じているところも好きだ。本当はいやになったんじゃ無いけど、もっとちがう場所に行きたいって、提案して欲しかったのかもしれない。変なの。そんな話、どこかのめんどくさいサイトで読んだことあるぞ・・・。ただごねてただけで、こんなふうに誰かに対してごねたことはなかった。ダメ人間である。でもちょっとニヤニヤしている。朝起きたら不安定なのがだんなの方にうつっていて、なんだか二人で笑ってしまった。あれも心霊だったのかも。うつったってことはさ。そんなことを思った。できれば私に対しても、もっとごねて欲しかった。

 

 まだまだ自分にもいろんなことができるんだな、やったことがないだけでね。そう思った。

 

 突然自然の何かが見たくなるのは私にとって喉が乾くように自然のことではある。けど大体平時は滝が見たくなれば一人で黙々と滝に向かうだけなのだ。昨晩ほんと変だったね。

 

 車の免許を取ったら、何処へでも滝を見に行ける。移動することが楽しくて移動中に栄養失調にでもなって死ぬんじゃないかと危ぶまれるが、そこは神がいるならちゃんとしてるんだな、私は食べることも大好きなのだ。つーか折り畳み自転車と18切符のコンビネーションやはり最高だと思う。ぜひ折り畳み自転車を買うべき。なぜ買わないのか。お金がないのじゃ。

 

 行きたいだけの滝を生きたいように巡る交通手段としてキックスクーターはどうかと思ったが、それも結構高い割には辛そうだしなあ。歩きだな。

  

  ペパリーゼはアルコール飲んで体に湿疹ができて痒くなった人にポカリとともに飲ませてあげたらすぐ治ったから超すごい。と思った。そしてドラッグストアのお兄さんがその組み合わせを即提案したのもプロだなと思った。

【第3類医薬品】ヘパリーゼプラスII 180錠
 

 

クロボー製菓 くろ棒 1本×30袋

クロボー製菓 くろ棒 1本×30袋

 

 

ほしい物リスト→ http://amzn.asia/e4C1fYT

 

中国人の友人がチプカシといわれるあの日本で一時期流行っていたチープなカシオの腕時計をwechatなる中国のLINEみたいなやつで転売しているのだが、千円で買えるものを200元で転売していて、うーん、ちょっと儲けすぎじゃない?と思った。

 

 閉店時間にパン屋まで走って行ったらパンの耳くれた。しかもパンも2割引き。20年くらいうちで使っている電動コーヒーミルが壊れたと思ったけどなんとなく捨てづらく置いておいたら復活していた。ちょっと調子悪いけど。捨てなくてよかった。