読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立

資生堂で就活用証明写真を撮った。修正の伊勢丹と顔実物の方を作る資生堂。

 もう少し女性らしい様子が出ている写真も撮ろうと思い(つまり営業職できそうって意味)、もう一度写真を撮影。こちらはヘアメイクとフルメイク付きで、女性も男性も両方対応している。ただし予約がなかなか取れないので、今から今年度のために予約しようと思わない方が良いかもしれない。あくまで19年卒以降の人の参考になればいいと思い、書いています。2月あたりに早めに予約するのが良いです。

 

 伊勢丹より資生堂の方が満足度は高い(ちなみに仕上がりの別人度も資生堂の方が高い)。値段も資生堂の方が高い。なんてお金がかかるのだろう。しかし満足しそうなくらいまで何回も時間をかけて撮ってくれる。あとカメラマンがイケメンな気がする。伊勢丹の方は顔をいじらず画像を修正するのに対し、資生堂は撮影した時に絵になるように化粧をしてそれをそのままとる感じ。撮るのは同じ就活写真だが、双方違うアプローチで面白い。

stg.shiseido.co.jp

 上がその写真撮影のコースです。 

 

gakumado.mynavi.jp

 このクーポンを使うと良い。証明写真シート一枚を追加か、データの購入1000縁引きか、どちらかのクーポン利用ができる模様。ちなみに証明写真は1シート4枚。

 

 データを買った場合の大体の料金プランは以下。女性と男性は料金が違いますが、私は女性ですので女性の場合を書きます。

 

 ヘアメイク、メイク、撮影料、写真シート一枚分合計 10000万円

 写真シートもう一枚分 クーポン使用 0円

 データCD  5000円

 計 15000円

 税金 1200円

 

 合計(支払ったお金)16200円

  

 

 高いからデータを買うか迷うかもしれませんが、自分で焼きましできるので、データは買った方が良いと思う。現時点で紙の履歴書を要求されていなくても、選考途中で紙の履歴書を持参させるところもあるみたい。その時にいちいち資生堂に電話したりして焼き増ししてもらうとお金もかかるし、手間もかかる。自分でデータを持っていればデータをUSBに移してコンビニでプリントするだけ。

 

 資生堂伊勢丹写真室と比べた時のメリット・デメリット

 【メリット】

 ・ヘアメイク、メイクをフルでしてくれるので楽。どこかが変で台無しになってしまうのではないかと心配しなくていいし、恥ずかしくない。

 ・メイク中メイクさんやヘアメイクさんと話すのは楽しい。

 ・写真は時間をかけて、自然な笑顔ができるまで撮ってくれる。

 ・写真を撮っている最中もメイクを直してくれたり、足してくれたりする。かかりきってくれる感がある。

 ・本気のメイクってこんな感じなんだ、とわかる。ただしメイクの動画撮影は禁止。

 ・本気のメイクのまま家に帰れるので楽しい。

 ・銀座のお洒落な場所に行ける。

 ・女性らしさのある写真が撮れる。

 ・データはウェブエントリー用とプリント用をくれる。

 

【デメリット】

 ・料金が高い。

 ・銀座まで行かねばならない。

 ・データを伊勢丹写真室ではUSBで渡してくれるが、資生堂ではCD-ROMなので、コンビニなどですぐには使えない。

 ・良くも悪くも本気のメイクなのであなたらしさが伝わるかは微妙。綺麗にはなる。まあ化粧とはそのようなものであろう。

 

 

 そんな感じ。お金かかった。けどいい経験でしたね。使える写真も撮れました。就職で頑張って、今よりいい暮らしをしたいです。もし子供ができる日がくれば、自分の子供にも、自分よりいい目を見せてやりたいです。そういう気持ちで、少しでもいい履歴書を作るよう努力しています。

 

 

 

  

 

【主要3方式〈テストセンター・ペーパー・WEBテスティング〉対応】これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】

【主要3方式〈テストセンター・ペーパー・WEBテスティング〉対応】これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】

 

 

ビジュアル解説 日本経済時事ドリル

ビジュアル解説 日本経済時事ドリル