読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立

隣の席の子供が「くれ!」と言ったら母親が飲み物を与え、席に座らせ、パウンドケーキを食べさせた。

 電車に乗って席に座っていたら、とにかく自分が疲れていて、かつ腹減りに陥っているということがわかった。

 

 隣には小学生くらいの女の子が座っていて、可愛いお母さん(かつてかなり美人であったろう感じ)はその前に立っていた。このお母さんは子供に従属しているような感じで、子供が「くれ!」と言ったら「ああ、ごめんね」と言って飲み物と、細いケーキをあげていた。

 

 私は案外、他人に世話されている方が餌を与えられて貪っている獣みたいに見えるということを知った。

 

 私は表情を作れなくなっており、ひたすら無表情のまま座っているしかなかった。昨日風呂にゆっくり浸かりすぎたせいかもしれない。就職してからこのままではまずい。昨日まではニコニコしていたのに今日は完全なる無表情という人間がある人なりのデスクにいたら怖すぎる。

 

 ベルリッツに受講相談にいってみた。無料の体験講座を楽しむのは私の趣味であるが、今度は結構受講するかもしれない気でいってみた。

 

 ベルリッツの英語は、まずとっても高い。マンツーマンを売りにしているが、マンツーマンなんか受けられたものではない。

 

 私はビジネス英語なんか習ったことがないから、ビジネス英語なんかできようはずもないが、英語の面接対策をしたい。

 

 英語の面接対策とは何かというと、個人の意見だが、ビジネスライクな型で聞かれたことに対して、ビジネスライクな型の言い方で、言いたいことを答えられればいい。だから別にマンツーマンでなくてもいい。

 

 グループレッスンだと2ヶ月で20万円くらいらしい。高い。普通に働いてる社会人でも無理な額だ。だが結局体験するのは無料である。

 

 あまりにも高すぎるから私のように無料体験を渡り歩く人が現れるのである。

 

 ベルリッツの説明してくれたおばさんはマンツーマン以外のプランをとりたいというか体験したいというとめちゃ失望していた。そうかーという感じ。私の方も無表情で申し訳なかったが、本当に表情を作れなかったのだ。申し訳ない。たまにニコッとしてみるも、ますます変な感じになり申し訳なかった。

 

f:id:giveus:20170312212929j:image

 この前をいくひとのタイツいかしてた。