いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立

疑問

 どういう時にひとは「これは私の考えることではない」という気持ち、判断になるのだろう。その時点で自分に無関心になることを許してしまう。問題は放置され、わるいものはわるいままにされる。

 

 日常生活や体力など、いわゆる「キャパ」をオーバーしたら、そんな風に切り捨てることになるのだろうか。考えるには時間がない、とか、今日は仕事で疲れたので考えたくない、というような日常の制約が、精神的「キャパ」に関わってこないようにすれば、ひとは永遠に無限に考え続けることができ、何事も他人事とせず、真剣に考えることができるようになるのではないか。それにはどうすればいいのか。

 

 

 

 《これ見た》

varadoga.blog136.fc2.com

 《これ読みたい》

 

嘔吐 新訳

嘔吐 新訳

 

 

実存主義とは何か

実存主義とは何か

 

 

主体性とは何か?

主体性とは何か?