いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと

なんか変にコストかかるなあ

  俺は毎月かかるお金が嫌いだ。生きてるだけでかかるお金が嫌い。とかなんとか言って、全国どこでも山の上でも安定した通話環境がほしいしかけ放題がよいとか言ってドコモの高いプランの通信料金を払っていますが。他のことは基本的に節約している。でもやはりドコモの高い料金はストレスだから、選択を誤ったと言える。

 

  かけ放題がいいわけは、自分はあまり役に立たないのでせめて何かの問い合わせをするときに自分が率先して電話かけようと思ってるのでかけ放題が便利。飲み会の店の予約とか。それから予約する役目をやるとなんか得したりする。まずその店のことがよくわかる。自分の中に飲み会屋ペディアができる。あとは手紙を受け取って理解できない時はコールセンターに電話して説明してもらいながら読んだり。私はすぐに電話取れない人なので掛け直す機会が多いのもあって、かけ直すときに金があ、とならないようにかけ放題にしている。あとかけ直すとき話の内容を知っていたいから留守電サービスも契約している。

 

  でもこのドコモの契約した時は初めての通信契約で、あんまり理解してなかったから注意深くしたつもりだったけど高いプランを選択してしまった。次は払える額の上限を低めに定めて結果いくら払うのかちゃんと確認して、試算比較することとしよう。反省だー。

 

  特にドコモのデータ通信はほんと無駄に高すぎるやめたい。お得そうなプランで契約したらデータ通信を解約できなくなってしまった。全然お得ではない。そもそもスマートフォンを分割払いで買おうとかいう考えが愚かだった。分割払い大嫌い。次は大手通信のデータ通信は契約せず、格安SIMか家でもネット環境として使えるような大通信量のワイファイだなー。どれがいいのかな。今年の後半が契約満了日なのでそのときにちゃんと考えられるように情報収集する。

 

 

  春からの家の水道申し込んだ。水道というのは基本料金がかかるらしい。嫌だな。口径によって料金が違うらしい。よくわからない。将来は井戸水で暮らせる場所に住む。

  電気はスマフォアプリで電気使用量が逐一わかるところのlooopでんきにしようと思っているが、そうしたいならば大家さんに色々説明する必要があるかと思うので、それらを知るべくlooopでんきにメールで問い合わせてもなかなか返答がないからなんかなーと思っている。どちらにしろ早くしてくれないと困る。このサービスは解約料がないところが良いと思う。

  ガスは申し込まないことにした。プロパンガスの地域なのだが、生まれてこのかた都市ガス以外使わないので、プロパンの高いのが怖いのである。また使用しなくても基本料なるものがかかるのは嫌だ。混乱を防ぐため支払先は少ない方がいいという考えで、できるだけ電気で済ませたい。風呂などガスが必要な場面では風呂バンスという電気で使える追い焚き用の機械も売っているので、これを用いて風呂を沸かすことも可能であろうと思っている。ただこの機械も割と高い。三万円くらいする。それに水から沸かそうとすれば時間が半端なくかかる。この機械も基本的にはプロパン風呂焚きと合わせて、追い焚きのためだけにあるものだろう。また使い勝手が悪かった場合に、やはり使わないとなる可能性も考えると、三万円は痛手が大きすぎる。いややはりガス契約するか......。将来は薪でお湯を沸かせる家に住む。毎月の請求とか本当にいやらしい!(毎月支払い嫌い病)。俺は山を買うぞ。若者の自然回帰。光熱費の料金体系が複雑化すると若者の自然回帰が始まるとか、そんなことはないか。

 

  この先もしも子供とかできて、また旦那が車を買うとかして、毎月の支払いが倍々に増えていくと思うと苦痛すぎるわ。車とか家を買うのにローンとかほんとあり得ないと思う。なんでも買う時は現金で買いたいものだ(農家とかだとこういうことしてる人割にいて、彼らは家も現金で買うなどする様子)。

 

  もう少し月給があれば、毎月の支払いを半年分一気に引き落とし用口座に振り込んでおいて、半年間は支払いに心を煩わせないこともできるのだが、何しろ今はそののりしろがない。だからちまちまとした月給からちまちまと月々の支払いをするしかない。悪だよほんと。収支が釣り合っていることはもちろん大切だけど、自分の心が安心する程度ののりしろを稼ぐこともやはり大切だー。と思う。

 

  とりあえず最初の月を乗り切るのには一番安い布団かなぁなどと調べていた頃に、送料込みで3千円の布団のレビューに、「海外実習生のために買いました。送料込みで3千円とは嬉しい」みたいなことを書いてあって、果たして日本の若者が明治時代に欧米に留学した時でさえ。こんな冷遇を受け得ただろうかと情けなく思った。いつまでコンサル顔の国なのであろうか。

 

  彼らは学ぶためではなく働かされるために呼ばれている。そう思わせる、一コマだった。とにかくもっと優しくしてあげてほしい。

 

  冷静に考えれば、安い布団買ってすぐにダメにするのも、月々の支払いに煩わされているのと同じような状況を生み出す。でも高いものを買うには同じくのりしろが必要なのだ。安月給のものは商品を選ぶ時間と体力をいつも浪費し、手にしたものがまた劣化し、さらに商品を新しく選ぶために浪費し、と結局損をしてしまう。そこから抜け出すのは意志が必要だと思う。

 

  身体は大切にする。

 

 今日たべたよミートパイ。こんな贅沢ができるのも今のうちと、腹をくくった気でいる。そもそも一つの場所からしか原則稼がないというのがおかしい。正社員なんてつまんね。きゅうくつ。そうも思う。友達と別れるに際して、きっと遊びに来てくれろと言い含めた。まっすぐな道なんだよ。きっとさみしいぞ。

 

  最近こんな電話見かけた。

f:id:giveus:20180322225546j:image

 この時ポリアモリー的な愛について考えていた。僕はそっちのクチじゃないけど。

 

  人生のコストのことを考えると自分が買った山で一日中引きこもって寝ていたい。しかし税金は取られるという。コストを受け入れられないものにこの国での生活は無理だ。とうとう嫌になって戸籍がなければよかったなどと不謹慎なことを考えた。思えば戸籍がなければ学校にもいかずにすみ、自由な時間が多かったかもしれない。戸籍がないのはどんな気分か知りたい。

 

  いまは様々なコストがバラバラの支払いに思えていて、予期せずやってくるものでしかないから、パニックのようになっているのだろう。そのうちに慣れてくれば、生活に必要なひとかたまりのコストとして把握できるようになり、うまく対処できるのかもしれない。

 

  てかもう早く春からの生活始まっちゃってくれないか。そうすればいくらかかるかわかるのだから。と言いつつ引っ越し準備済まない私であった。

 パニクっているのでもう寝たほうがいい。

 

 部屋を借りるときは水道の口径とガスの種類にも注意すること。 

 

 旦那と子育てについて話すとき、別に具体的な話なんかないのだけれど、このまま子供なんか生まれずに、ありふれた問題ばかり、つまらない問題ばかり起きて、会話を誰かに壊されることもなく、つまらないし飽きたと思いながらでもいい、二人でただ話したり分かりあったりすれ違ったりしながら、最後にはもう生きていけないというふうになって、二人で静かに死んだらいいじゃないかとか思った。そこに他人がいることの方が嫌な感じがする。

会う会う東京

 最近のある晩、五大商社くんとカレーで晩御飯。ゼミ時代に知り合った強気の出木杉くんだが、ちょっと疲れてて気になった。社会人になると自分の行動圏外に出なくなるよと言われた。そうなりたくない。自転車もあるし、温泉とか山とか楽しいところへ行きたい。社会人の友達に引越し先県に遊びに来てと言ったら、だいたい本当には遊びに来ない感じなので寂しい。というか真っ直ぐな道で寂しい。

 餞別ということでカレーとコーヒー奢ってもらった。仕事辛いという話してたのにその仕事で稼いだお金でご飯を奢ってくれて感謝しかない。内閣総理大臣になったら私の履歴書に書く。

 それにしてもお金で奢ってはくれるが身体を使って会いには来れない、それが社会人の姿なのかー辛いなーと思った。私はフットワークと好奇心を失わないようにして柔らかくいたい。なんにしろ本当にありがとう。ブログ見ていないと思うけど。見ていても黙っていてくれ。

 色々思い出して懐かしかった。ゼミのメンバーについてほとんど名前も忘れ果てているのに、お互いのことだけ鮮明に覚えているのは面白かった。そもそもなんの趣味的になんの接点もなく人生のポリシーも異なるのに仲良くなったのは運命というより気まぐれな何かだなと思った。でも会いには来ないのか・・・。来い・・・。なんでわざわざ五大商社くんと呼ぶのかというと、五大商社は入ったら最後、五大商社のために生活し、五大商社の服を着て、五大商社の未来を目指し、五大商社のペースで語らねばならなくなってしまうので、そこに入ったら最後その人は五大商社くん(さん)と呼ぶのがもっとも適切であるかのように見えてしまう(と、私が勝手に思っている)ためである。

 

 今日はブロガーさんとご飯。そのことは明日書きます。寝っ

 

 

自転車と痛風

百度71/100

 たぶん生まれて初めて伊勢海老の刺身と鯛の活け造りを食べた。母は大盤振る舞いである。そのお金があるんならもっとこう......日頃から満遍なく......もしくは就活費用を.......車の免許費用............とか言うとお刺身もなしになるので、わーいお刺身!と行ってお刺身をご馳走していただいた。人のお金の使い方は本人が決めるのだから何も言うべきではない。だから生計を同じくしている人が普通程度にお金稼いでるからと行って給付奨学金出さないのはやめて欲しい。生計を同じくしなければさらに経済きつくなるし、だからといってお金が流れてくるというわけでもない、と言う学生はこの世にたくさんいるはず。

 

 お刺身の感想としては、感動した。伊勢海老だ!という感じ。触覚がちぎれてると安くなってしまうと言うけど、そこは食べるとこじゃないんだからええやないかと思った。

 

 味は、甘エビより甘いとかいうことはない。あとエビでもカニでもない。なんか束感(たばかん)がある。みかんと八朔くらい、その束感に違いがある。なんか繊維というか中の肉の一筋一筋が、束のように分かれててそれが合わさってる感じで、でも八朔のようにバラバラになることなくくっついている。味はエビの方が濃いような気がする。カニ自体しばらく食べてないので分かりかねるが、カニに味がにてたような気もする。いやでも、生のカニとか食べたことないから比較できない。

 

 醤油もいいけどレモンを添えて出される。レモンをつけると美味しい。甘味が際立つ。でもやはり甘エビより甘いということはない。前に甘エビ食べ放題の飲み屋があった気がするけど、行ったことないけど、甘エビなんて食べ過ぎたら気持ち悪くなるだろう、冷凍だろうし、と今書いててなんとなく思った。

 

 伊勢海老は何匹も食べるものではないなと思った。伊勢海老はその身も美味しいけど、その兜の出汁味噌汁も美味しい。結構兜に肉があるし、蟹味噌みたいなものが入っていて滅法美味しい。出汁味噌汁にした感じはカニに似ていると思った。

 

 鯛はとにかく活け造りにするとすごい。活け造りというのはバタバタ動いてるわけなのだが、出されてすぐはそんなに動かない。食べてて身を3切れくらい食べた時に急に動き出し、しばらくして鯛の顔が顔面蒼白になり、目の回りがピクピクしてくる。鯛が顔面蒼白というのは信じないかもしれないが、あの赤い色がなくなって灰色がかった青になるのだ。みているとまさに顔面蒼白という有様。まるで切られてしばらくしてから「なんということだ!!!」と感づいたような感じ。そのあと見慣れた赤い色に戻った。修羅である。口の中に手を入れたら噛まれるから入れないように言われた。

 

 自分ですりおろすわさびは、根元の方が緑の色が綺麗に出る。先の方はおろしても白い。昔、お茶でわさびをすると辛さがよく出るという噂を聞いたが嘘だと思う。本当だろうか?

 

 帰宅して一夜明け、自転車をなおすことにした。引っ越してから生活するのに必要だから。2年くらい使っていなかったと思う。チェーンロックの鍵を忘れたので管理事務所に無理言ってチェーンロックを切断する道具を借りた。ボルトカッター750とかいう道具だったのだが、これがどのボルトを緩めたら動かせるようになるのかわからない代物で、インターネットで調べてもあんまわからなかった。管理事務所の人と引っ張ったり押したりして、しまいには別の偉い人も来て、これはどう使うのか喧喧囂囂の議論の末、いろんなボルトを引いたり押したり、十五分間か二十分間取り組んだだろうか、やっと動かせるようになった。事務所の人がわざわざ歩いて私の自転車のところまで来てチェーンロックを切ってくれたが、なんでも切れると評判の道具だけあってふにゃりとチューインキャンディみたいに軽く切れた。私はかくしてボルトカッター750の使い方を知ったわけだが、きっと使用するのは脱獄に力を貸すときくらいだろう。もしくは食い詰めて公園の金網を盗むとかか。というわけで自転車からチェーンロックをわざわざ外してもらい、タイヤなどがダメになっているので引いて歩いて行くと神社に例の猫がいたのでそいつを可愛がる。餌をもらっているのか、カバンを開けるとよってくる。そりゃこんなところで餌ももらわなければ行きていけまい。遠い自転車屋へはるばる行くと、10000円くらい飛ぶかと思って覚悟したが、新しいチェーンロックと修理代合わせて3000円で済んだ。なんて良心的な店なのだ。良心的ときいて、遠くの店までまで自転車を押して行った甲斐があった。なんというおじさんの良心的さであろうか。死ぬまで元気で儲かって欲しい。チェーンロックも良いやつにした。番号式なのでもう鍵をなくすこともない。直せるものを、お金がかかりすぎるなら買い換える可能性も考えていたのが妙に感じるくらいうまくなおった。どんなものも長く使えるように買い方とか使い方を気をつけたい。

  

 旦那が痛風発症。骨が折れてるくらい痛くなる。毎年どんなに頑張って節制していてもこうなる。これでは継続して働くのも困難なのでなんとかなりませんか。どうしたらいいものか。神のご加護をとでも言いたいくらいだ。北里とか聖路加とかの高い人間ドッグ受けたら直し方がわかるのだろうか?この病気に関しては、工場とかで働く人が発症するとほぼ働き続けるのは不可能というくらいの地獄痛になるのに、その治療法は様々に分かれており、全然民間に何が正しい治療法なのか周知されていない。かと行ってこれらの人をいきなりデスクワークに配属できるかというと困難である。贅沢病などとも言われているが、現代社会においてはフォアグラ食べまくってるような人も、時間がなくてコンビニ飯ばかり食べているような人も、遺伝で自然にそうなってしまう人も発症する病気である。痛風鍋とかいう言葉を聞くたびに痛風をふざけていうんじゃないよ、と腹がたつ程度には重大。ロキソニンももうあんま効かないから重大。何かご存知でしたら教えていただけますと幸いです。

 

 旦那は二十代前半からずっとこれで医者にもかかって薬も飲んでて、酒も飲んでないので、いい加減治って、痛風になるとか気にしないで旅行とか楽しめるようになればなと思います。

 

 お灸で治すという人もいるので勉強したい。理屈も知りたい。

f:id:giveus:20180319132233j:image

これ新しい鍵。自転車屋の在庫だったから古いけど。

f:id:giveus:20180319135921j:image

 

 

池袋見納めの記

 池袋駅北口付近、友誼商店という中華スーパーにてぶらつきを経験。

 この方も行かれている。無断言及すみません。

ginren.hatenadiary.jp

 場所は以下。 

Google マップ

 

f:id:giveus:20180317005505j:image

 白い恋人(黒)きになる。

f:id:giveus:20180317005518j:image

 缶詰好きとしては買い占めたいけどこれ買うと調味料も欲しくなるんで断念。

f:id:giveus:20180317005751j:image

 880円の角煮缶とか、角煮自分で作りますよ。でもすごく美味しいのかなあ。以下は調味料棚。2枚目の写真に写っている270円の調味料ミックス的なのおすすめ。いろんなのが混ざってて、これで肉を料理すると家がすごい中国の匂いになる。

f:id:giveus:20180317005813j:image

f:id:giveus:20180317005826j:image

 以下は火鍋の素。鍋の素ってことですね。ハイディーラオとかの有名店のやつもあるし、最近上野にできたらしい小肥羊とかいうお店のもある。中国にはよくあるチェーン店。ただしこれらの火鍋の素が美味しいかはわからない。でも多分美味しい。火鍋オフ会とかしたい。

f:id:giveus:20180317005841j:image

 そんなこんなで中華食材見てたら「高菜」というのがあって、なんの野菜だ?と思ってしばし静止してたら、「いやこれ、普通のたかなじゃないか」と気づいて少し笑ってしまった。

f:id:giveus:20180317005855j:image

 以下は池袋で最も好きな景色が見える窓。見納め。私の聖地。

f:id:giveus:20180317005911j:image

 下の階には書店もある。

f:id:giveus:20180317005929j:image

ビルから出て道に面した中華スーパーへ。この漬物っぽいのきになるけど、からそうなのと多分食べきるのがきつい。

f:id:giveus:20180317005940j:image

f:id:giveus:20180317010009j:image

 日本人など一人も入らなくてもやっていけるという確信が見え隠れする中国語の看板。

f:id:giveus:20180317010021j:image

以下の店新しくできていた。超行きたい。

f:id:giveus:20180317010034j:image

f:id:giveus:20180317010047j:image

f:id:giveus:20180317010106j:image

 珈琲伯爵という喫茶店からの眺め。先ほどのスーパーが画面左上に写り込んでいる。

f:id:giveus:20180317010127j:image

 

 東京でここらが一番好き。一番恋しくなると思う。 ネオン、人だかり、繁盛、人のミックス、食のミックス、物騒さ、異国感、思想・・・華美さ。全部ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再びやきとり、働き方とか

 母が大盤振る舞いのタームに入っているので、居酒屋に連れて行ってくれた。夜の外食は珍しいのでダイエットとか忘れてホイホイついていってしまう。しかも奢りとは!!!とはいえそんな太るものは食べなかった。

 

 f:id:giveus:20180315091745j:image

 

 これは串焼きのセット。単品で頼むより安いのでオススメだ。とかいっていつも店の紹介をしないのだが。800円だったか。一番右側は手羽先の串だが、丁寧に骨が抜いてある。また焼き鳥かと思っているみなさん、これは串焼きです。でも焼き鳥だよね?わたしもそう思いました。すごく美味しかった。

 

 レモンサワーをいただきながら、母が若い時仕事で上司に見初められてコピー取りお茶汲みから、海外出張に連れて行ってもらう社員に大逆転した時の話をずっと聞いていた。

 

 そのどの技法も読字が遅く聴覚処理下手なわたしには真似できないもので、そもそも元から受けた教育も全然違うんだよ!(母は一人っ子なので祖父の金銭的精神的な援助を余計なほど受けて、例えば当時には珍しく中学生でアテネフランセとか通ってフランス語も勉強していたくらい)だから真似できないんだが、でも女で働くということはそんな不自由もたくさんあるだろうという例をいくつか学んだのと、そんなことがあっても何かやってやろうという気持ちで立ち向かって、心を折られず毎日アンテナを張って仕事することが大切なのかと思った。日頃わたしはあまり自分のことを女と思ってない。あえていうなら女の亜種か。色々な女の子のスキルがわたしにはない。何度か身につけようとしたけど集中出来ず興味もないので無理であった。それらを考慮した結果、スキルがなくて人に不審に思われたとしてもその方がそのスキルを強いられるより、また学ぶために努力するより楽チンだ。だから女の友達がこないだ一緒に焼き鳥食べた女の子くらいしかいないのだ。

 

 わたしの近しい親族のうち数人はかつて一部上場企業にお勤めであった(その後ドヤ顔でやめたり、再就職した先で口ほどにもないのでクビになったりしたので今は寂れてて全然違う)。わたしは子供の頃からそういうふうになれないと思っていた。大人になってみてやはり全然そうはなれない。そして私は親族から中小企業に就職するとかなんでなの、と言われ続けている。

 

 私は大企業に馴染めない。ガラス張りの高層ビルに長時間いて歩くと気持ち悪くなるし、しゃがんでしまう。同じ階にいて仕事してる人と挨拶もしない大企業の人間関係はよくわからん。化粧をすると気持ち悪くなってしまう。コピーを取りながら速読してコピーの内容を全部把握することもできない。議事録を完璧に作り上げることもできない。この能力でも生涯年収上げて行くにはどうすればいいのかを考えなきゃ。

 

 その答えは今でも出ないが、考え続けるしかない。工夫し続けるしかない。

 

 普通の人間が頑張ってやればできることがわたしにはできないので、こまるなー。周りの人が疲れてないときでも自分は頭痛で体もへろへろな感じ。

 

 大学に行ってすこぶる消耗したし、一回めちゃくちゃに遊んだ方がいいのではないかとも思うが、英語の勉強とか始めようとしちゃってるし、これダメなパターンなのかなあなどと思っている。とりあえず四月は鬱になる人が多いと聞くのでひたすら英語の勉強は絶やさないようにしつつ、何を学ぶか考えることにする。こういうのを意識高い系と言うのかもしれないけど自分の場合は意識高めにしておかないと結果としてものになるものが少なすぎるのでこうするしかないのだ。

 

 うちの母はすごい知識とか能力たくさん持っているのに教えるのが下手すぎて、しかも教えようとすると背後から肩を抱いたりして教えてくるから息とかかかるの苦手なわたしは気持ち悪くなってしまい、やめてと言っても無理なので、ちゃんと何か教わった記憶がない。会社でもそうやって社員教育してるの?やばくないすか。聞くところによれば母は仕事でも社員教育とかはしておらず単独稼ぎプレーヤーらしい。納得ですな。

 

 というわけでわたしはひらがなさえ祖母から全部教わりました。でも祖母は途中で具合が悪くなったのでカタカナは教わらず、わたしは中学生までちゃんとカタカナ書けなかった。ちょっと笑える話です。よくレシートを読み取るアプリでレシート読み取ると、「カマンベール」が「カマソペール」とか読み取られたりするけど、そんな感じのカタカナの使い方してた。カマンベールと書きたいのに「カマソペール」と書いてしまう、みたいな。これを考えると小学生の時から学校の授業についていけてなかったのか......こんなわたしに教えてくれて、おばあちゃんに感謝しかない。まさかそのせいで具合が悪くなったわけではないと思うが......。

 

 お母さんの武勇伝を聞いててわたしは色々自分のことについても考えていたんだけど、お母さんは一緒に居酒屋行けたことが嬉しかったみたい。よかった。

 

 お母さんの武勇伝を聞いてていつも思うんだけど、なんで結婚してから殴られるに甘んじてたの?ってことだよね。いつも子供がまだ小さかったからというけど、もしそんなに仕事できる人だったのなら実家もあることだし離婚して仕事して子供育てることだってできたよね。それを後から聞かれた時に、子供のためっていうのは子供は結構傷つくよ。子供が小さかったからとかじゃなくて、自分がどう思ったからそうしたということをちゃんと教えて欲しい。知りたがりだからね。申し訳ないけど。色々自分でも想像はするけど、やはりちゃんとはわからないからね。と言っても聞きたくて聞けない私もいるわけなのだが。

 

 私は母みたいになれないけどね、なんとかやっていきたいと思いますよ。とりあえず胃の調子なおしたい(なおす気があるのか)。

 

  昨日母に、「25歳に戻れるとして、結婚するとしたらどんな人と結婚する?」って聞いたら、「背が高い人」と言ってた。背が低い男の人は何かのコンプレックスを持っていて、コンプレックスを持ってる人は人のことをバカにしたり、見下したり、威張ったりするからだってさ。父はそういう人だと母に解釈されてるのかと思ったら、死んだら負けだなと、やはりそう感じました。うーん。

 

 ほかにもなんか色々思うことがあって、

  我々の親の世代はまだ祖父母の代の財産で援助されて教育を受けたり子供を産んだりできた人もいるけど、その親世代と同じ気持ちで私たちが子供を産んだりしても、親はそんなに財産なんかないし、援助できないからかなり金銭的にキツキツな状態があり得るんじゃないかねー。会社の同期の話とかきいても親はお金ないけど祖父母には財産あった、みたいな話をしてる人とかいて、それが相続されるにしても相続税やら分割やらでだんだん減るわけで、やはり私たちの世代は自分で頑張らなきゃって思う。でも日本で働いてもそんなに儲からないし、そしたらやはり海外の大学に行かせたりした親は慧眼があるのかな。たとえ借金ができても?よくわからない。ただ言えることは、韓国の友人たちが親のなけなしの財産とか有り余る財産とかで留学しているときの本気の様子に比べれば、日本人の友人が留学しているのはなんかゆるい感じということ。あと海外の華僑でお金持っている人は本当にお金を持っていて、同じクラスの40人くらいのメンバーにご飯奢ることなんかそんなに大した出費とも思ってないし、むしろ青田刈りの良い機会くらいに思ってること。日本にいる海外からの留学生はほとんどみんなゆるゆるで何しに来たかわからないってこと。ほんと何しに日本に?

 

 

  最初は電話対応の英語だしこういうの読むか。 

Telephone English: Includes phrase bank and role plays

Telephone English: Includes phrase bank and role plays