いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立(物語です)

2016-12-12から1日間の記事一覧

世の中がみな敵だった人について

その人は死ぬときまで、世の中をみな敵だと思っていた。私にはそれが思い出しやすい彼の性格として、残されているので嬉しく思っている。彼はまるでスサノオのように、高天原を荒らすつもりがないのに結果荒らしていたり、大事にしている皿は叩き割る人間で…