いのちばっかりさ

その金字塔/ 心で価値を生み出すこと 人生25年目/ NHK中国語講座で勉強している

生活

こんな生活やってみよか

17:30 仕事終わり

18:00 帰宅 シャワー 食事作り

19:00 食事食べ

20:00 自由時間

21:00 寝る

〈6時間半睡眠〉

3:30 起きる

-7:00 勉強(3.5h)

-8:00食事、通勤、ゴミ出し

8:00-12:00 仕事

12:00-13:00 読書、食事

13:00-17:30 仕事

 

これでも勉強できる時間たったの3時間半である。いかに仕事邪魔か。

定時帰宅絶対や。

こうしてみたらどうか

まず食事を朝と昼だけにする。

17:30 仕事終わり

18:00 帰宅 シャワー

19:00-21:00 勉強(3h)

21:00 寝る

〈6時間半睡眠〉

3:30 起きる

-7:00 勉強(3.5h)

7:00-8:00 食事、通勤

8:00-12:00 仕事

12:00-13:00食事、読書

13:00-17:30 仕事

 

これでやっと6.5h勉強できる。おかしい……仕事が邪魔だ。いかに仕事中に勉強するかだな。しかも周りから責められることなしに。そのためには仕事に沿ったことを勉強すべきなのだ。やるぞ。

 

 

買い物に行かないと食べるものがあるのに不安になる

最近読んだ本 

なるべく働きたくない人のためのお金の話

なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

 

食べ物があるのに買い物に行かないとお腹も減って不安になる。これ大変困る。強迫観念とか精神の一種のくせだと思う。仕事に行くから不安要素はなくすように、変だけど買い物に行っておこう、などと考えがちだがこれがおかしさを悪化させているのでなんとかすべき。とりあえず今週は買い物に行かない。まるで兵糧攻めされたネズミのような気持ちになっていて自分が心配。

お金の為に働かなくてよくて時間があったら何をするか

という話を旦那としていた。ちょっと前のことだ。

私は海の近くに家を建てて、釣竿を垂れて魚を釣って、本を読んで暮らしたく、そこには旦那がいて、私は旦那との生活をブログなどに書き生きていきたいと話した。

 

ただ魚を捌くのは面倒だ、と私はいった。お金のために働かなくていいのに、食べたい魚を捌くのが面倒だなんて変だ。面白い。後から考えたら相当面白かった。

 

もはや知識を増やし、世界に席巻することは必要ない。そういう願望は全てお金を稼ぐためのものだったからだ。そうとも言い切れないかもしれないが、そうと言える部分が多い。お金の為に働かなくていいのなら、世間で認められる必要もない。

 

ちなみに私が「海の近くに」という時の「海」はある場所を想定している。私は一度そこへ言ったことがあるのだが、素晴らしい場所で、ここにずっといたいと思ったものだ。自分で住みたいと思っている場所が不意にバーンと心に浮かんできたのが面白かった。

 

リコーのGRというカメラの新しいのが発売された。前から見ていた人がこのカメラのシリーズので写真を撮っていたので、自分もいつかこのカメラで写真を撮り歩きたいと思っていた。しかし10万円もするのでもちろん買えない。でも他の人がとっている写真を見て、やはりいいカメラのようだなと思って楽しい。

 

 

RICOH デジタルカメラ GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
 

 

旦那と旅行に行ったのが非常に楽しかったので、思い出すともう楽しくて、思い出す時間をたっぷりとりたいので一人になりたく、どこへも出かけて騒ぎたくなく、でも思い出すのは具体的なことではなく、一緒に布団に寝転がっていた時のなんとなく満たされた雰囲気だったりしている。満足しきるとそのあとの生活は結構ほんとに楽しい。こういう経験はあまりしたことがないと思う。

 

確かに旅行自体大変楽しかったし、でもそれに加えて、結婚してこれからずっといっしょにいるなら、旅行中にうまく自分ができなかったと思うことや、伝えきれなかったと思うことや、高いうなぎを食べたけど、安いうなぎの方が美味しいと思ったこととか、そういうことにいちいちくよくよする必要はなくて、これからもそのことをいいとか悪いとか関係なく二人の思い出にしていけるのだと思えて、気分が楽で開放された感じだったというのも大きいなと思う。一番好きな人との間のことをもうそんな短期的な出来不出来に悩んでくよくよしなくていいのかと思えるとすごく幸せだ。

 

休日という感じがしない

休日出勤的なのが続いていたので、土曜日になってもなんとなくシャキッとしている。また明日あたり出勤するかのようなテンション。日が長くて幸せだ。今日は8時くらいに起きて、ご飯をしっかりと食べて、髪を切りに行って、ジモティーでいらないものを売ります出品した。0円で生きるという本を読み、そういえば通勤路にタンポポが生えていたので、持ってきてプランターに植えようぜよと思った。タンポポも自分がそのようにして流転するとは思いもしないだろう。花が咲けばいろんなものに狙われるのは、派手になって覚えられるからだ。人も同じで、花が咲けば狙われる。意地悪ばあさんみたいなことを言ってしまった。なんとなく最近睡眠時間が短く済んでいる気がする。アップルウォッチを二つ持っていたら24時間ずっと着けて睡眠を記録するんだが。いいなあ買いたいとは思うものの、そんなものを手に入れたら自分を記録したい欲が爆発してまたいろんなことになるのでやめよう。仕事で会う大手の会社の人がApple Watchを着けていて、「Apple Watchを着けている日本人と、リモワのスーツケースを持っている日本人を見ると、お金を使うところが日常の中にはもうなくて、ついに投資がそこまで行き渡った人なのだと思ってしまう」と思った。そういう中国人がよく近所の電車に乗っている。強いと思ったら中国人か、とはもう思わなくなった。それについてはただ「日本の地方までわざわざくるほど日本に来慣れた中国人をまた見たな」と思うだけ。

 

 

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

 

  

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

 

あさはん

スモークサーモン半額だったので丼にした。白いコメ久しぶりに買った。うまひ。ササニシキ最高。やはりこれがすきだった。モチモチ系コメは少し食べただけで満足し、もう一杯とはならない。それでは痩せてしまうかもしれないのでこれを買った。