読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちばっかりさ

その金字塔/ 絶対自立

LINEで連絡してくれる就活エージェント(よくない)

 就活をしていると、就活エージェントとか、就活相談とかの案内メールがたくさん来ます。でも正直に言えば就活エージェントとか就活コンサルとかほど正体のわからないものはありません。登録していないのに普通にメール送って来たりします。人材サービスというのでしょうか?本当に正体のわからない仕事ですね。ピンキリです。ちょっと間違えば人売りになりかねない業種ですね。そんな中でも信頼されるエージェントやコンサルもいるのでしょう。そういう人たちは本当に実績で信用を築いて来たんでしょう。大変な仕事ですね。

 

 最近困っていることは、プレエントリーした企業から自宅にわんさか資料が届くことです。まるで受験期の塾の案内じゃないですか。当然親にはどんな企業を志望しているかわかってしまいます。ここはよくないとか、小さいとかいつ言われるかとヒヤヒヤしています。言われたら忙しいにもかかわらず普通にイライラしてしまいますからね。

 

 まあそれはいいとして、LINEで連絡してくる就活エージェントがいます。LINEで会社の紹介、説明会の案内などを連絡してくるんです。けどLINEのログって、ちょっと間違えるとすぐ消去しちゃうし、第一なんか軽い感じですよね。私は現代っ子でLINEを毎日使ってますけど、就活に関して真剣になっている時にはLINEでそういう連絡をしないでほしいですね。なんだかなあ。って感じですね。

 

 はい。私は本日大切なログを消してしまったことに気づいたんですね。あー

 

 

 

 

 だんなをちゃんと幸せにできるかな。

 だんなで思い出したけど、就活してると、女性で就職した時にもう結婚してるというのはとても少数派で、かつ企業からあんまり望ましいことだと思われていないんだなと感じる。

 

 就職していると、「女性は短期間でキャリアが一旦ストップする」「女性はハンデがある」と女性社員が話しているのをよく耳にする。そうなのかなと思いつつも、キャリアって社内でやることだけではないじゃん、毎日デスクに座ってやることだけじゃないじゃんと思った。

 

 それに商社とかの説明会にいくと、「女性のための就活セミナー開いてやった」「女性も雇ってやってる」みたいな雰囲気を感じることがある。気のせいというか、考え過ぎかもしれないけど。あと大きな企業で土日に社内部活とかあるのなんなんですか。それワークライフバランスとか言ってるけどワークワークじゃん……。勘弁して。

 

 

エントリーシート締切到来

 エントリー先企業に提出するエントリーシート締切が続々到来である。

 

 就活はいいとこに入れるかもしれないが、逆にどこにも入れないかもしれないという変な試練。

 

f:id:giveus:20170403000314j:image

 

フレッシュネスバーガーとっても久しぶり。

珍な食品食べた

f:id:giveus:20170331135727j:imagef:id:giveus:20170331135734j:imagef:id:giveus:20170331135748j:image

 

『ビヒランテ  ウナギの稚魚風のすり身オイル漬け』詳細についてはラベルの写真をみれば大体わかりますが、値段はたしか200円くらいだったと思う。でもピリッと辛いスケトウダラの細長いかまぼこをオイル漬けにしただけのものなのでイマイチ珍しさ以外の感情がわかない笑

 カルディで買いました。ウナギ風味とかはない。普通のかまぼこ。

 

ただこのかまぼこを作っている生産設備がどんなふうに動いているのか、工場がきになる。わざわざ細いかまぼこにウナギの稚魚風にするため黒い線を書き加えているのが偏執ぽくて面白い。

 

続きを読む

資生堂で就活用証明写真を撮った。修正の伊勢丹と顔実物の方を作る資生堂。

 もう少し女性らしい様子が出ている写真も撮ろうと思い(つまり営業職できそうって意味)、もう一度写真を撮影。こちらはヘアメイクとフルメイク付きで、女性も男性も両方対応している。ただし予約がなかなか取れないので、今から今年度のために予約しようと思わない方が良いかもしれない。あくまで19年卒以降の人の参考になればいいと思い、書いています。2月あたりに早めに予約するのが良いです。

 

 伊勢丹より資生堂の方が満足度は高い(ちなみに仕上がりの別人度も資生堂の方が高い)。値段も資生堂の方が高い。なんてお金がかかるのだろう。しかし満足しそうなくらいまで何回も時間をかけて撮ってくれる。あとカメラマンがイケメンな気がする。伊勢丹の方は顔をいじらず画像を修正するのに対し、資生堂は撮影した時に絵になるように化粧をしてそれをそのままとる感じ。撮るのは同じ就活写真だが、双方違うアプローチで面白い。

stg.shiseido.co.jp

 上がその写真撮影のコースです。 

 

gakumado.mynavi.jp

 このクーポンを使うと良い。証明写真シート一枚を追加か、データの購入1000縁引きか、どちらかのクーポン利用ができる模様。ちなみに証明写真は1シート4枚。

 

 データを買った場合の大体の料金プランは以下。女性と男性は料金が違いますが、私は女性ですので女性の場合を書きます。

 

 ヘアメイク、メイク、撮影料、写真シート一枚分合計 10000万円

 写真シートもう一枚分 クーポン使用 0円

 データCD  5000円

 計 15000円

 税金 1200円

 

 合計(支払ったお金)16200円

  

 

 高いからデータを買うか迷うかもしれませんが、自分で焼きましできるので、データは買った方が良いと思う。現時点で紙の履歴書を要求されていなくても、選考途中で紙の履歴書を持参させるところもあるみたい。その時にいちいち資生堂に電話したりして焼き増ししてもらうとお金もかかるし、手間もかかる。自分でデータを持っていればデータをUSBに移してコンビニでプリントするだけ。

 

 資生堂伊勢丹写真室と比べた時のメリット・デメリット

 【メリット】

 ・ヘアメイク、メイクをフルでしてくれるので楽。どこかが変で台無しになってしまうのではないかと心配しなくていいし、恥ずかしくない。

 ・メイク中メイクさんやヘアメイクさんと話すのは楽しい。

 ・写真は時間をかけて、自然な笑顔ができるまで撮ってくれる。

 ・写真を撮っている最中もメイクを直してくれたり、足してくれたりする。かかりきってくれる感がある。

 ・本気のメイクってこんな感じなんだ、とわかる。ただしメイクの動画撮影は禁止。

 ・本気のメイクのまま家に帰れるので楽しい。

 ・銀座のお洒落な場所に行ける。

 ・女性らしさのある写真が撮れる。

 ・データはウェブエントリー用とプリント用をくれる。

 

【デメリット】

 ・料金が高い。

 ・銀座まで行かねばならない。

 ・データを伊勢丹写真室ではUSBで渡してくれるが、資生堂ではCD-ROMなので、コンビニなどですぐには使えない。

 ・良くも悪くも本気のメイクなのであなたらしさが伝わるかは微妙。綺麗にはなる。まあ化粧とはそのようなものであろう。

 

 

 そんな感じ。お金かかった。けどいい経験でしたね。使える写真も撮れました。就職で頑張って、今よりいい暮らしをしたいです。もし子供ができる日がくれば、自分の子供にも、自分よりいい目を見せてやりたいです。そういう気持ちで、少しでもいい履歴書を作るよう努力しています。

 

 

 

  

 

【主要3方式〈テストセンター・ペーパー・WEBテスティング〉対応】これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】

【主要3方式〈テストセンター・ペーパー・WEBテスティング〉対応】これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】

 

 

ビジュアル解説 日本経済時事ドリル

ビジュアル解説 日本経済時事ドリル

 

 

 

 

ブログを毎日更新できなかった

 ブログ毎日更新できなくて悲しくなりました。もう一度頑張ろうと思う。

 

 最近はグリーンカレーのカップ麺にはまったり、インスタグラムに挫折していました。よろしくお願いします。

f:id:giveus:20170330115603j:image

靖国にて

伊勢丹写真室で就活用証明写真を撮った。

 伊勢丹写真室で証明写真を撮った。どんな高級なところで写真を撮ろうとも、結局写真は写真で、自分は自分なりにしか映らないものである。ただし伊勢丹写真室の修正技術は本物だと思う。髪がかかってないところに髪を書き足し、左右の大きさが違う目を同じ大きさにできる。上がっていない口角を上げることもできれば、曲がった首をまっすぐにすることもできる。まあ写真修正は感動するけど、やはり化粧した時の感動ほどではない。

 

 私の場合は写真データ購入と4×3の証明写真二枚現像を頼んで、マイナビのクーポン(下にリンクあります)を使って9396円(税込)でした。なんて高いんだ!でも証明写真は毎回貼るものなので、選考に落ちた時にいいところで撮っておけばよかったと思わないようにここで撮っておきました。ネット予約できてキャンセルもできるので助かりました。

 

 内訳は以下の通り

 ・撮影料 3000円

 ・データ(USB)5000円

 ・4×3の写真二枚 600円×2枚→1200円

 ・翌日速成料(翌日18時)500円

 ※クーポン利用−1000円

 計 8700円 

 消費税 696円

 合計(払ったお金) 9396円

 

www.isetan-photo.co.jp

クーポンは下

gakumado.mynavi.jp

 

 データがあれば自分で印刷できるから、これからは自分で印刷します。あと大事なことだからもう一度書くけど、やはり修正はすごい。二枚現像してもらったのは、第一志望の履歴書に使うためです。

 

 卒業式の写真と就活の人の写真の撮影で、伊勢丹写真室はすごく忙しそうであった。伊勢丹写真室は忙しそうでも、基本的に一流デパートの写真室のプライドがあるようで、私がしつこく修正を注文つけ続けてもちゃんと修正してくれた。写真を受け取る日に修正を受け付けてくれるので、その時に遠慮せずにビシバシ不自然なところを注文つけて直してもらうのがポイントです。最後は「さすが伊勢丹写真室!」と言うといいかもしれません。でもあんまり言いすぎると良くないやもしれぬ......。修正してからは30分くらいで現像など出来上がる。

 

 髪が長い人はネット上に就活写真の髪型の見本のようなものがたくさんあるので、準備しやすいと思いますが、ショートヘアの人は想像しにくいと思うので、別途ヘアメイクなども違うところで頼んでみるといいかもしれません。そうでなければよく調べて髪を切るなり、前髪を気をつけるなりしてください。

 

 メイクを得意としない人は、写真撮影時間2時間前に行くようにして伊勢丹デパートの一階で資生堂のブース(売り場)に行って「就活のメイクなのですが、色々試してみたくて来ました。教えてもらえますか?」と聞きましょう。そうすればメイクを一式してくれますので、そこで化粧品を買うもよし、そのまま立ち去ってすぐ隣の写真室へ行くもよしです。ブースは混んでいてすぐに対応してくれない場合もあるので、2時間前に行くようにしましょう。資生堂のお姉さんは本当にメイクが上手い。

 

 ちなみに同じところで写真を撮った方のブログです。無断リンク失礼いたします。

 

milyn.hatenablog.com

 

学生生活 テキトーな振り返り

 適性検査を毎日受けている。これはミスしやすい癖のある人をあぶり出す試験であるように感じる。ネットの普及によりどこでも適性検査受けられるだろう、と言うことで、常に適性検査を受けさせられている。まじかよ...。一回60分とかがデフォルトなのでかなりきつい。かけがえのない人生をなんだと思っているのだ......適性検査もエントリーシートもきつい。ミスしないことは確かに大切だが。今日は学生時代を振り返ってみた。

 

法学部入学期(法律に詳しい中高社会科教師を目指す。バイトに忙しい。奨学金もらう)

→2年次(本が読めないことに苦しみだす。意味不明だが奨学金を切られる。アルバイト忙殺。)

→3年次(ゼミ副幹事長になる。休学する。中国旅行する。アルバイトする。)

→4年次(復学する。ゼミやめる。教職取得断念。バイトする。お金知り合いに工面されて中国へ行く。中国法専攻ということにする。)

→5年次(なう。法学部の単位はギリギリながら、就活する。数字に弱いので会計など勉強したい。)

 

 一部については正直に書きかねるところだが、苦しんだぶんだけいろんなことを経験できたなと感じた。周囲の人が何を考えているのかはいまいちわからないが、やれることはところんやろう。